矢野阪神が対外試合初陣1勝、若手の積極性に納得顔

阪神対楽天 7回裏阪神2死三塁、木浪の右前適時打で生還した近本(手前)を迎える矢野監督(撮影・足立雅史)

<練習試合:阪神5-2楽天>◇14日◇沖縄・宜野座

矢野タイガースが「超積極走塁」で初陣を飾った。今季初の対外試合となった楽天戦で若虎が躍動。2-1と1点リードの7回には1死一塁から代走島田が、盗塁に成功し、坂本、近本、木浪のタイムリーの呼び水となった。

チームはこの日、4度の企図で成功は1度だったが、矢野燿大監督は「今はサインなしでみんないけたらいくっていう姿勢でやってるわけやから、何個アウトになろうが、ね」と積極性を評価。「いつもいってるようにその失敗を2個や3個の成功につなげていってくれれば、意味ある挑戦になると思う」と納得の表情だ。

試合序盤から雨が打ちつける状況だったが、平日の内野スタンドは熱心なファンで埋まった。ベンチから若手選手の声が響き、グラウンドでは躍動感のあるプレーが続く。初勝利の指揮官は「楽しかったよ」と笑顔だった。

ジャンルで探す