阪神西は第3クール300球 矢野監督「心配ない」

福留に打席に立ってもらいブルペンで投球練習する西(撮影・上田博志)

オリックスから阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)が12日、沖縄・宜野座の1軍キャンプで、今キャンプチーム最多を更新する150球のブルペン投球を行った。

10日に投げた137球を自ら上回る力投を見せた。

まずはテンポよく100球を投球。切りのいい数字で終えたかに見えたが、ブルペンに誰もいなくなった約30分後、再び西が姿を現した。さらに力強い直球を50球。今クール計300球に近づく熱投に、順調ぶりをうかがわせた。

「次のクールは落としていきます」と14日からの第4クールは球数を減らして投げ込む予定。矢野監督は「やっぱり西は自分のやれることをしっかりやれる選手。何の心配もしていないし、西らしいボールを投げられている」と信頼する。この日の全体練習前には、1人グラウンドで走り込む姿もあった。自分のペースで計画通りに仕上げていく。

ジャンルで探す