阪神新メニュー「ゲームノック」清水ヘッド意図説明

ゲームノックで挟殺プレートなり走者中谷(右)をタッチアウトにするマルテ(撮影・清水貴仁)

阪神が守備練習では新メニューの「ゲームノック」を行った。

走者を置いてのシートノックで、イニングを区切るなどさらに実戦に近い練習。清水ヘッドコーチは「ランナーがいると、目(視界に)に入ったり力んだりする。練習のための練習にならないようにね」と意図を説明した。

ジャンルで探す