ロッテ1位藤原「付いてきた」肉体改造の効果実感

新人合同自主トレでダッシュをする藤原(19年1月13日撮影)

ロッテは新人合同自主トレ第1クールを終了した。4日目は30メートル走、50メートル走を各8本の瞬発系トレやロングティーなどのメニューを消化。

ドラフト1位の藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は徐々に打球の飛距離が伸び「振れてきてる。パワーもスピードも少しずつ付いてきた」と満足げ。「明日しっかり体を休めて、第2クールはもう1度筋肉痛にしたい」と話し、つかの間の休日を心待ちにした。

ジャンルで探す