日本ハム最年長新人の生田目、ブルペン入り準備OK

生田目(左)とグラウンド整備をする吉田輝(撮影・狩俣裕三)

日本ハムの最年長ルーキー生田目翼投手(23=日本通運)が待望のブルペン入りへ、準備を整えた。新人合同自主トレ第2クール最終日のキャッチボールでは、短めの距離で強いボールを多めに投げ込んだ。

「昨日、今日と強めのキャッチボールが出来た。ここまで肘も肩も全く問題がない。出来るだけ早くアピールがしたいですね」と、次なるステップの投球練習を見据えた。

ここまでは基礎的なトレーニングを重点的に行ってきた。効率的にパワーを出力するための体の使い方も学んできた。例年、大学や社会人出身の投手は同自主トレ第3クールあたりで初ブルペンに臨んでいる。「次のクールから入ろうと思っています」と心の準備も万全だ。初めての完全オフとなる15日は「予定はないので、ゆっくりしたい」と英気を養い、休み明けのアピールの場へ備える。

ジャンルで探す