巨人丸「理想」満点打撃へ“新井さん流”思考で模索

ティー打撃を行う巨人丸(撮影・林敏行)

広島からFA移籍した巨人丸佳浩外野手(29)が“新井さん流”で満点を突き詰める。

14日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行った。ティー打撃中心で、連日ほぼ同様のメニューを消化。「反復をしながら、何も考えずにいい打ち方ができることは理想」と地道にフォームを固める。

カープ時代に昨季限りで現役を引退した新井から「打撃の正解が10だとしたら、どうやったら10になるかを考えないといけない」と指南された。「5+5でも、9+1でも10。何をすれば10になるか突き詰めるし、それはシーズン中も同じ」と何種類ものティー打撃を繰り返し、満点打撃を模索していく。

ジャンルで探す