日本ハム・アルシアが適時打「何とか食らいつけた」

ソフトバンク対日本ハム 4回表日本ハム1死一、三塁、アルシアは右前適時打を放つ。投手千賀(撮影・栗木一考)

<パCSファーストステージ:ソフトバンク2-4日本ハム>◇第2戦◇14日◇ヤフオクドーム

日本ハムのオズワルド・アルシア外野手(27)が追加点となる適時打を放った。

1-0の4回1死一、三塁で、ソフトバンク先発千賀の変化球を右前へ運ぶ適時打とし、一塁上で大きくガッツポーズした。「いい場面で1本打てた。(千賀は)すべての球種が素晴らしいので直球に遅れないようにして、変化球に対応していこうと考えていた。二塁手の頭上を抜くような打球を意識して、何とか食らいつけた」と喜んだ。

ジャンルで探す