森監督「俺のミスだ」35度目の逆転負けで5位転落

巨人対中日 7回裏の守備を終えベンチへ戻る岩瀬(手前)を険しい表情で見る中日森監督(撮影・鈴木みどり)

<巨人11-3中日>◇16日◇東京ドーム

CS進出への重要な試合を中日が落とした。勝てば3位巨人に0・5差、連勝で3位浮上がかかった初戦だったが、今季35度目の逆転負けで5位に転落した。

1点ビハインドの7回1死走者なしで3番手福谷をマウンドへ。2死から連打、連続四球で1失点。通算998試合目登板となる岩瀬に託したが、阿部に痛恨のプロ入り初の満塁アーチを被弾してしまった。「言い訳にならない。こんな場面で投げなければ商売が成り立たない。もう少し冷静に行くべきだった」とベテランも唇をかんだ。

8回には5番手起用でベンチが乱れる。浅尾が1度マウンドに上がったが、又吉が向かおうとするちぐはぐな場面も。「勝ち負けには関係ないが、俺のミスだ」と森監督。その浅尾もダメ押しの3点を失った。「ウチはいつもみんな大事な試合だよ」と、指揮官も悔しさを押し殺した。

ジャンルで探す