感染再拡大の地域も 新型コロナ最新情報

巨人のキャプテン・坂本が右手親指骨折から復帰後初の適時打

満塁のチャンスでタイムリーヒットを放った坂本

 巨人のキャプテン坂本勇人内野手(32)が右手親指骨折から復帰後、初適時打を放った。

 2者連続押し出しで3点差に迫った7回二死満塁で、坂本はロッテ2番手・小野の2球目の高め直球を右前へはじき返す2点適時打を放ち、巨人は1点差に追い上げた。

 さらに二死一、二塁の好機で中島が右前打を放ったが二走・岡本和が本塁憤死。惜しくも同点とはならなかった。

 それでもキャプテンの右手親指骨折から復帰後、初の適時打でチームに勢いが戻った。一軍復帰初戦となった11日、「家でテレビを見ながら、あの場(一軍)でプレーしたいなと思っていた」と話していた坂本がいよいよ完全復活だ。

ジャンルで探す