6都府県に緊急事態宣言 5月31日まで

イチロー氏の打球に智弁和歌山ナイン「エグい…」 フリー打撃披露で場外弾連発 

智弁和歌山の選手を前に打撃を披露するイチロー氏(代表撮影)

 マリナーズの球団会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が、和歌山の強豪・智弁和歌山で〝アマチュア指導者デビュー〟した。

 4日、同校グラウンドで3日間の指導を終えたイチロー氏は「とにかく僕が伝えられることはこの3日間で伝えたので。期待しています。頑張って」とあいさつし、部員から花束を受け取った。イチロー氏と理事長との親交から臨時コーチが実現。昨オフの神戸での同校職員との草野球対決に続き、今回は部員にとって最高のビッグプレゼントとなった。

 指導もイチロー流だった。初日は選手を観察し、2日目から指導を開始。3日目は自ら練習に参加し、走塁の技術論、精神論などを伝えた。「僕は50%の確率では盗塁はしない」「はっきり(投手の)クセが出ていればいける。醸し出す雰囲気で感じてほしい」「緊迫した時は全体を見る。筋肉が緊張するとパフォーマンスが下がる。打撃もリリースポイントだけを見ると緊張する」…。

 そしてハイライトはフリー打撃だ。日本ハムからドラフト4位指名された細川凌平内野手(18)と2人1組となり、守備陣をつけてフリー打撃を開始すると、イチロー氏は右中間に柵越え、場外弾を連発。驚がくの打球に守備の部員から「エグイ…」とどよめきと歓声が上がった。自らバリバリの打撃を実践できるのもトレーニングを継続し、衰え知らずのイチロー氏ならではだろう。

 中谷監督も「夢のような時間だった。本当に信じられない。この指導を生かさないといけない。言葉だけではなく、プレーや動きを見ると感じ、響くものがある」と感謝しきりだったが、イチロー氏も部員と充実した時間を過ごし、指導者として最高のスタートを切ったに違いない。

ジャンルで探す