日本ハム・清水が〝珍〟プレー 球審に手が当り送球不能に「規則を適用して走者戻します」

日本ハム・清水

 オリックス―日本ハム戦(27日、京セラ)で〝珍プレー〟が起きた。

 オリックスの5回の攻撃中、二死一、二塁、打者・中川の場面で二走の安達が三盗を敢行。捕手の清水が三塁に送球しようとしたが、右手が山村球審のマスクに当たってボールがこぼれ落ちた。プレーが中断し、マイクを握った山村球審は「捕手が私に接触し、送球できなかったので規則を適用して走者を戻します」と説明。珍しいプレーに場内がどよめいた。

 安達は二塁に戻って仕切り直しとなり、直後に中川は中前に同点打をはじき返した。

ジャンルで探す