緊急事態宣言 11都府県に発令中

〝虎キラー〟メルセデスが阪神にまさかの連敗

近本に先制打を許したメルセデス

 巨人の誇る〝虎キラー〟C・C・メルセデス投手が6日の阪神戦(甲子園)で4回途中4失点でKOされた。

 7月23日の中日戦(ナゴヤドーム)以来の白星を狙った左腕は2回まで無安打投球も3回一死から陽川に二塁打を許すと続く近本に先制の中前適時打を浴びた。

 続く4回にも四球と内野安打で一死一、二塁から重盗を決められ、植田に2点適時二塁打。代わった2番手・沼田も陽川に適時打を浴び、メルセデスは結局4失点で悔しい4敗目を喫した。

 試合前時点で阪神戦は防御率1・02、4勝1敗と〝お得意様〟としていた。「200%の力を出して抑えにいきたい。それぐらいの気持ち。勝ちにつながる投球をしたい」と左腕は意気込んでいたが、7月9日に続く「対虎2連敗」となった。

 登板後「自分の投球ができなかった」と肩を落とした左腕。原監督が「やや粘りという部分で課題というのがありますので、(5日の)戸郷のように粘りながらという中でピッチングしてほしい」と期待していた粘りは見せられなかった。

 一方、G打線は今季初先発の高橋の前に5者連続三振を喫するなど5回一死まで無安打。昨年まで15打数6安打、2本塁打と高橋を「カモ」にしていた岡本も沈黙させられた。何とか大城の二塁内野安打でノーノーを阻止し、中島が中前打で続いたが、一死一、三塁から若林、代打・陽岱鋼が連続三振…。5回までに11三振を献上し、得点を奪えなかった。

 終わってみれば今季初の2桁失点でのゼロ封負け。痛くもかゆくもない…わけではないが、7日からの敵地・中日戦で仕切り直しだ。

ジャンルで探す