一軍初安打 中日・根尾が先輩も驚く規格外コメント

根尾はオープン戦2打席目で初安打をマーク

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が14日、西武とのオープン戦(ナゴヤドーム)に「2番・遊撃」で初めてフル出場し、待望の一軍初安打を放った。

 初回一死走者なしの第1打席で今井の2球目、150キロの直球を捉えると、打球は三遊間をきれいに抜ける左前打となった。その後は見逃し三振、投ゴロで、8回は無死一、二塁の好機で空振り三振に倒れて4打数1安打。

 ところが、一軍初安打にも根尾は「少しホッとしているところもあるけど、1本しか打ってないんで、もっともっと打ってアピールしないといけない」と浮かれた様子は一切なし。それどころか、最終打席について「三振で終わったし、そこでどうやって(投手との勝負に)勝つかというのが大事なので、次にチャンスで回ってきた時には絶対打ちたい」と負けん気の強さをのぞかせた。

 さらに根尾は散発6安打でチームが0―3と零封負けを喫したことで自身の責任を痛感。「頭から行かせてもらえて、プレー自体はしっかり攻めていこうとテーマを持って入ったけど、チームとして勝てなかったですし、その原因をしっかり突き止めて、しっかり練習して次の試合を勝てるように準備をしていきたい」と殊勝に話した。

 この発言を知った先輩選手たちはびっくりだ。大島は「普通は(気にするのは)自分の結果なのにね。そこまで背負い込まなくていいと思うし、責任は自分たち(ベテラン)の方にあるのにね。根尾は本当に真面目、優等生だなと思う」。

 チーム関係者も「とてもルーキーの発言とは思えない。チームの勝敗は首脳陣の采配だったり、ほかの選手がその要因に大きくかかわったりするものなのにね。自分の成績以上に、オープン戦といえどもとにかくチームの勝利にこだわる根尾の執念は本当にすごいと思う」と舌を巻いた。

 15日からの二軍・オリックス3連戦(ナゴヤ球場)に出場予定の根尾だが、やっぱりその言動は一軍をはるかに超えた規格外といえそうだ。

ジャンルで探す