中日・根尾 スタメン出場し一軍初ヒット

初回、今井から待望の一軍初ヒットを放つ根尾

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が14日の西武とのオープン戦(ナゴヤドーム)で待望の一軍初安打を放った。

 本拠地・ナゴヤドームのスコアボードに「2番・遊撃」で名を連ねて初めてスタメン出場。初回一死走者なしの第1打席で西武・今井の2球目、150キロの直球を捉えると、打球は三遊間をきれいに真っ二つで破る左前打となった。

 根尾は前日13日の阪神戦(ナゴヤドーム)で一軍デビュー。7回の守備から京田に代わって遊撃で出場し、8回の打席ではボール球に手を出して空振り三振に倒れていた。その際「(2球連続で見逃して)もっともっと振っていかないといけなかった。しっかり反省して明日に臨みたいと思います」と決意を新たにしていたが、一夜明けて黄金ルーキーが一発回答で結果を残した。

ジャンルで探す