中日が“根尾詣で”を大歓迎 進化につながる

高橋由伸氏、小早川毅彦氏にバットをチェックされる根尾(右から)

“根尾詣で”が大盛況だ。中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)は右ふくらはぎ肉離れで別メニュー調整中。それでも二軍キャンプ地の読谷球場には黄金ルーキー見たさに連日、球界の大物OBが続々と訪れ、18日もTBS系「サンデーモーニング」のスポーツコーナーで「喝!」「あっぱれ」のセリフで評判の張本勲氏、前巨人監督の高橋由伸氏らが視察した。

 打撃ケージの後方から根尾のフリー打撃を見守った張本氏は辛口で知られるが「センスは抜群だ。コンタクトもうまい」と絶賛。“あっぱれ”の評価を下した。高橋氏も「バランスもいいし、これだけ注目されながらバッティングは雰囲気があった。けが明けなので今日を基準にしてこれから根尾君を追いかけたいなと思う」と目を細めた。

 連日の大物評論家による“根尾詣で”について森野二軍打撃コーチは「それだけ球界が注目しているということ。そういう方が来てくれていいプレーしようとアピールするし、目に見えない疲れはあると思うけど、そういうプレッシャーを根尾ならはねのけてくれると思う。来年もけがしてたら同じようには来ないと思う。1年目だから、こうなっていると自覚を持ってやってほしいし、そういう方にはどんどん来てほしい」と大歓迎する。

 根尾は張本氏について「見えてることも分からなかったので、何も気にせずに打たせてもらいました」と言いつつも「映像も見させてもらってすごい選手だったと記憶してます」と目を輝かせる。根尾詣では期待のルーキーをどんどん進化させる効果があるようだ。

ジャンルで探す