西武・源田がルーキー・山野辺に連日の“英才教育”

山野辺に手本を見せる源田(手前)

 西武の源田壮亮内野手(25)がドラフト3位・山野辺翔内野手(24=三菱自動車岡崎)に連日の「源田塾」を開催している。

 浅村の抜けたセカンド候補に西武が「二匹目の源田」と期待している山野辺は現在、守備練習では常に源田とコンビを組み英才教育中。合同特守などでは、源田が実演を交えて送球のコツを伝授している場面もあった。

「(山野辺は)捕って投げる時に腰が抜けるんですよ。だからこっち(右)の足でポンと(地面を)蹴ってあげたらきれいに(腰が)回るんで『上を使わずに下(の動作)だけで勝手に上がついてくるイメージでやれば、楽にいけるよ』と説明しました」(源田)

 源田には昨年まで2年間、浅村に引っ張ってもらった恩義がある。内野の守備リーダーとなる3年目の今季は「今まで浅村さんの横にいるという安心感があったので、今度は僕が次にセカンドをやる人に同じことをやってあげたいし、そうなりたい」と自覚を語った。

 また、今の山野辺に2年前の自分を重ねながら「僕も毎日特守と特打をやっていたので、そんな話を山野辺にもしながらやってます。キツイだろうなと思いながら。まあ、いろんなことを言われるんで頭の整理も難しいと思いますよ…真面目だし」と源田。

「だから、言われたことはやってみて『これだな』と思ったことがあれば続ければいい。『ちょっとしっくりこないな』というのは整理しながらやっていけばいい」とルーキーにとっては貴重な首脳陣との向き合い方についても助言を送った。

ジャンルで探す