中日・小笠原 勝ち星つかめず「粘れなかったことが反省」

6回、ロサリオに同点打を許した小笠原

 中日・小笠原慎之介投手(20)が18日の阪神戦(ナゴヤドーム)に先発。6回2失点の好投だったが、またも勝ち星を逃した。

 5回まで3安打無失点と完璧な投球を見せていたが、課題となっている100球に差し掛かった6回にまたも落とし穴が待っていた。ロサリオに同点打、糸原に逆転打を許した小笠原は「自分の課題である6回を抑えることができませんでした。粘れなかったことが反省です。6回を抑えていれば、チームに流れが来ていたと思います」とガックリ。

 4月6日の阪神戦(京セラ)以来6試合連続で白星から見放されている。

ジャンルで探す