芸能

武井咲『黒革の手帖』打ち上げで江口洋介が贈った意外な言葉

image

9月7日、結婚&妊娠を発表したばかりの武井咲(23)が主演するドラマ『黒革の手帳』(テレビ朝日系)の打ち上げが行われた。

この日はビュッフェ形式のパーティ。武井はスタッフとともに場内を回って挨拶に励んでいた。出演者たちは順番に壇上に上がってスピーチしていく。

仲里依紗(27)、高嶋政伸(50)、伊東四朗(80)らが武井の結婚には触れずに挨拶を終えるなかで、唯一、お祝いの言葉を述べたのが江口洋介(49)だった。

「なんともびっくりドッキリ、咲ちゃんが子供を授かったということで!いきなりプロデューサーが俺のとこに来たので、誰か死んだのかと思いましたよ。“大変なことになりましたよ!”って言うから(笑)。でも、そんな“大変なこと”ではないですよね。何がいちばん大切かってことですから。本当にみなさん、お疲れさまでした!」

江口のスピーチに場内は一瞬静まりかえったが、

「“何がいちばん大切か”という一言で、いっせいに拍手が湧いたんです。“大変”なんかじゃない、こんなめでたいことがあるかという江口さんらしい言い方に、みんなが深くうなずいていました」(参加者)

そしてこの日の武井の挨拶は、「逆風には負けない!」とでも言うような、強い意志が感じられるものだった。

「最初この役をいただいた時は、“お前にできるのかよ、この役を”と見られていたと思います。それは、痛いほど感じていました。記者発表のとき、取材の方からまで試すような眼をされて……。どうにかこの眼を打ちのめしたいなと思ったんです。私にも、(演じた)元子のような野心というか野望が舞い降りてきて、元子という役をとおして世の中にぶつけられたらとすごく痛快で、こんな気持ちのいいことは初めてでした。この役をやったことで、一つ上のステージに行けたんじゃないかと思ってます」

胸を張って毅然と言い放った武井の姿には、世間の“でき婚”批判に立ち向かうような力強さがみなぎっていた――。