杏 すべては子供のため!悪役オファー固辞&フランス移住に秘めた“母の覚悟”

4月中旬、南関東の野球場に、杏(36)の姿があった。東京の都心でも連日、夏日が続いて強烈な日差しが降り注ぐなか、彼女はなんとコートを着て臨むシーンを撮影していたのだーー。

待ち時間には日傘をさし、上着を脱いで保冷剤を頭にのせるほど暑そうな様子だったが、杏は終始笑顔で撮影に臨んでいた。

「この日の撮影は、7月クールに放送されるフジテレビ系月9ドラマ『競争の番人』のロケです。主演は坂口健太郎さん(30)で、杏さんはヒロイン役を務めています。撮影は1月下旬から始まって、当初は4月末には撮り終わる予定だったのですが、コロナの影響と台本が遅れたことで、5月末までずれ込んでいます」(フジテレビ関係者)

コロナ禍での撮影とあって、カメラが回っているとき以外は演者同士の会話は控えめ。しかし、演技への熱量は高かった。

「杏さんは、坂口さんと監督が演技について打ち合わせを行っているときも自分から寄っていって、一緒になって話しています。監督と話した後も、坂口さんと『じゃあ、さっきのシーンはこうしようか』といくつも案を出し合って演技に臨んでいますよ」(ドラマ関係者)

炎暑のなかコートを着るほどの過酷な現場でも、気合がみなぎっている杏ーー。

その理由は、かねて報じられている“フランス移住”にあるようなのだ。

「夏には、フランスに渡航する方向で杏さんは準備を進めています。双子の女の子は今年5月に6歳になるので、現地の小学校に入学させるつもりだそうです。

フランスの子供たちは6歳になる年に小学校に入学しますし、9月からは新学期が始まりますからね」(杏の知人)

フランスに移れば、仕事は当然これまでどおりとはいかない。

「以前からフランス移住が報じられていますが、あちらに行けば当分の間、日本での連ドラ出演はなくなると思います。それに、この月9ドラマの撮影後には大きな仕事を入れていないということも話していました。

だからこそ杏さんも、“最後の大仕事”とばかりに、『役柄への疑問を残して、もやもやしたままの演技はしたくない!』という気持ちが強くなっているのでしょう」(前出・ドラマ関係者)

本誌は2月1日号で、杏が子供3人を連れて“極秘下見旅行”に行っていたことを報じている。

だが、彼女が公言し続けていた海外移住については、父・渡辺謙(62)ですら笑い飛ばすほど、半信半疑だった関係者は少なくなかったという。

「昨年謙さんに会ったときに、杏さんの移住について聞いたのです。すると謙さんは、『ないよ』と笑っていたのですが……。謙さんが思う以上に、杏さんの決意は固かったということなのでしょう」(制作会社関係者)

■公私ともに固めた母としての決意

日本から遠く離れた地へ赴く彼女を突き動かすのは、子供が育つ環境を整えたいという思いだ。

「日本にいれば、2020年8月に離婚した東出昌大さん(34)の女性関係などが取りざたされるせいで、学校で子供たちがからかわれたりすることもあるかもしれません。

杏さんは幼いころに、謙さんと母親が泥沼の裁判を繰り広げて離婚したことを経験しています。だからこそ日本を離れて、のびのびした静かな環境で、子供たちに育ってほしいと願っているのです」(前出・知人)

子供たちへの愛情は、撮影中にも垣間見えた。

「ロケの間、マネージャーさんがスマホで杏さんの写真を撮っていました。SNSに投稿するために撮っているというより、お子さんに杏さんが仕事をしている様子を見せるためだとか……。双子の娘さんは、もうお母さんがどんな仕事をしているのか理解できる年ごろです。自宅で写真を見せながら、いろいろと説明しているそうですよ。

とはいえ、お子さんたちは幼いですから、“母親が悪事を働く”という姿を見せないために、事務所には『殺人犯などの悪役はやりません!』と伝えていると聞いています」(前出・ドラマ関係者)

公私ともに、「子供たちを守る!」という決意を固めている杏。今後の仕事も、新生活が軌道に乗ってからになるようだ。

「女優としては、『競争の番人』の撮影が終わったらいったんお休みするようです。ただ、現在レギュラーを務めている『世界遺産』(TBS系)のナレーションはこれからも継続します。

“ナレ撮り”は、機材があればリモートで可能です。日本の杏さんの自宅には、防音のギター部屋があって、コロナ禍以降はその部屋で収録することもありました。フランスの自宅にも、完全防音の部屋を用意するようです。日本とは7時間の時差がありますが、子供が寝た深夜に収録を行うつもりだと聞いています」(TBS局員)

最愛の子供たちとともに、新天地での暮らしがもうすぐ始まる。

ジャンルで探す