唐田えりか 広がる復帰格差…不倫アプローチした東出は恋に仕事も“絶好調”

10月13日、俳優の東出昌大(33)に新たな交際相手がいると『文春オンライン』が報じた。同サイトによるとお相手のAさんは都内に勤めるOL。さらに今月上旬、撮影で広島県呉市に滞在した東出はAさんをホテルに呼び寄せていたという。

さかのぼること昨年1月、唐田えりか(24)との不倫が発覚した東出。当時の妻・杏(35)の目を盗み、密かに逢瀬を重ねていたため非難轟々に。そして、同年8月に離婚を発表。3人の子供の親権は、杏に委ねられることとなった。

そんななか、今年5月には東出の提示した養育費が“子供1人当たり1万円の計3万円だった”と『女性セブン』が報じた。その影響もあり、東出への厳しい声はいまだ後を絶たない。

しかし世論に反して、東出のカムバックは順調そのものだ。

「不倫騒動によって、東出さんは出演していたCMを全て降板。それでも昨年3月に謝罪会見を終えると、同年7月には映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が公開されました。同作のPRを兼ねて、バラエティ番組にも出演。さらに大ヒット御礼の舞台挨拶にも登壇しました」(テレビ局関係者)

また東出は主演映画『草の響き』が公開されたばかりで、来年1月には映画『コンフィデンスマンJP』シリーズの3作目『英雄編』も封切られる予定。ほかにも2作の映画公開を控えている。

そのいっぽう、唐田はどうだろうか。騒動から1年10ヵ月ほど経つが、しかし東出と違い、依然として彼女の俳優業は停滞中だ。

昨年12月発売の月刊誌『日本カメラ』で連載を始めたものの、同誌は今年4月に休刊。9月に出演映画『something in the air』がYouTubeにアップされ、やっと俳優業復活の一歩目を踏みしめたばかりだが、この出演に一部では激しいバッシングの声が相次いだ。

「18年公開の映画『寝ても覚めても』の撮影を通して2人は親密な仲に。撮影当時、唐田さんは未成年でしたが、東出さんからアプローチをかけたそうです。東出さんが妻帯者であることを知りながら交際していた唐田さんを擁護することはできません。しかし、仕事も恋も順調な東出さんとのあまりの差には少し不憫に感じてしまいます」(芸能関係者)

ドラマや映画への出演予定が未だない唐田。彼女が“表舞台”に復帰する日は果たしてやってくるのだろうか――。

ジャンルで探す