6都府県に緊急事態宣言 5月31日まで

NEWS加藤シゲアキ 直木賞逃すも作家としての未来が明るい訳

「第164回芥川賞・直木賞」(日本文学振興会主催)の選考会が1月20日に都内で開かれ、直木賞には西條奈加氏(56)の「心淋し川」が決定。人気グループ・NEWSの加藤シゲアキ(33)は「オルタネート」が候補作となっていたが、受賞を逃した。

加藤の作品は、高校生限定のマッチングアプリを通じて運命が交錯する物語。各スポーツ紙によると加藤の作品は候補6作のうち、最終投票の4作に残っていたという。

また直木賞の選考委員を務めた北方謙三氏(73)は「『加藤シゲアキに直木賞を受賞させよう』という機運をまとった意思は、2、3あった。私もその1人」とした上で、「表現をバッと突き抜けて、深いところにドーンと入っていく。そういうような小説を書いていただきたい。もう1作くらい待ってみようと」と次作に期待を寄せたという。

「加藤さんの作品は今回、初めて候補作となりました。そこですぐに直木賞を受賞するのは至難の業。たとえば昨年に『少年と犬』で受賞した馳星周さんは初めて候補に選ばれてから23年目、7回目でやっと受賞していました。

ただ今回は候補者がいずれも初候補ばかりだったので、ある意味チャンスではありました。ただ快挙は逃したものの、話題になったことは間違いありません。作品の売り上げを大きく伸ばしそうです」(出版関係者)

■「本屋大賞」の候補作にもノミネート

21日には全国の書店員が最も売りたい本を投票して選ぶ「2021年本屋大賞」の候補10作が発表され、ここでも加藤の「オルタネート」がノミネートされた。大賞は4月上旬に決定するが、すでに明るい未来が予想されるという。

本屋大賞は04年からスタート。『博士の愛した数式』『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』『海賊とよばれた男』など、映像化された対象作品はことごとくヒットしています。大賞に選ばれなかったノミネート作も『教場』『君の膵臓をたべたい』『罪の声』などが映像化され、ヒットしています。

加藤さんの作品は当然、テレビ局と映画会社で映像化権の争奪戦が繰り広げられることになるでしょう。また今後しばらくは、作家としての仕事依頼が殺到することになりそうです」(芸能関係者)

ジャンルで探す