長崎・佐賀・福岡に大雨特別警報 最大級の警戒を

中居正広が高校球児へ救済案「誰も思いつかない」と称賛の声

中居正広(47)が3月14日、『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)に出演。新型コロナウイルス感染拡大のため、中止となった第92回選抜高等学校野球大会(以下、選抜大会)について言及した。中居の高校球児を慮った“救済案”に、注目が集まっている。

当初、選抜大会は無観客での開催を予定していた。だがウイルスの感染拡大が収束する見通しが立たないため、止むを得ず11日に中止が決定した。1924年から始まった選抜大会は、1942年から1946年までは太平洋戦争によって中断。しかし、開催が決定していた大会が中止になるのは史上初だという。

そんななか、中居は「中止になったのはしょうがない」とコメント。いっぽうで、「良い方向に考えられないかな。僕も何か面白いことができないかなと考えた」と切り出した。そしてプロ野球がオープン戦を開催していることを挙げ、「無観客で開催しているプロ野球のオープン戦の前に、選抜に選ばれた高校のチームを招いて練習試合をできないか」と提案したのだ。

また日本高等学校野球連盟の規定によると、プロ野球関係者は高校球児に野球を教えるといった接触を禁じている。中居はそのことにも触れ、「特別に中止になってしまったのだから、(日本高野連と日本野球機構が)特別に協力してプロ野球選手と夢の試合をさせてあげられないか」と持論を展開した。

「プロ野球と同じくらい高校野球が大好き」とも公言している中居。そんな彼に、賛同の声が上がっている。

《中居君はやっぱり賢い。 甲子園に行く事だけが全てじゃないしね。 プロ野球選手と練習試合出来るならこんな素晴らしい事はない》

中居正広さん。すごいな。そんな考え誰も思いつかんだろ。こないだの会見もそうだけど0か100で決めない人だな。プロ野球と高野連なんとかしてくれないかね》

メジャーリーグ「ニューヨーク・ヤンキース」に所属する田中将大投手(31)も、13日(日本時間)にスポニチに対してこのようにコメントした。

「前例のない状況だからこそ、何か前例のない処置があってもいいのではないかなとも思っています」

各メディアによると、主催者の日本高野連と毎日新聞社は選抜大会に出場できなかった32校に関して “救済措置”を審議中だという。多くの高校野球ファンが危惧するなか、果たしてどのような策が講じられるのだろうか。

ジャンルで探す