柄本佑、前田敦子は「色気のある真っ白いキャンバス」

柄本佑さんと前田敦子さん

 編集者・末井昭さんの自伝エッセイを映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」(3月17日公開)。母親が隣家の息子とダイナマイト心中をした経験を持つ末井青年(柄本佑さん)は田舎を飛び出し、昼は工場勤務、夜はデザイン学校の生活から看板デザインの経験を経て、エロ雑誌の世界へと足を踏み入れるも、わいせつ文書販売容疑をかけられ……という末井さんの半生を描くヒューマンドラマです。

 オトナンサー編集部ではこのほど、柄本佑さんと末井さんの妻・牧子を演じた前田敦子さんにインタビュー。末井さんの人柄や共演の感想、冨永昌敬監督の演技指導などについて聞きました。

末井さんと顔似てるんだよね

Q.末井さんの生き方に憧れますか。

柄本さん(以下敬称略)「末井さんのやったことはすごくて、憧れはしないけど、こういうことができたのは携帯電話がないからだろうなと思います。信用するしかないですから。一回バレたら信頼は崩れてしまいますが、確かめようがないわけですから。逐一どこか公衆電話から電話したら信用してもらえるものでもありません。携帯がないからこういう振る舞いができたんだろうなと思います。こういう風にある種、規制なく面白いことなら何でもできたのは時代の熱量といいますか、警察でもすぐ逮捕ではなく寄り添いながら、人と人のやり取りが豊かだったので、面白いものが生まれたんだろうなと思います」

前田「恋人としてなら楽しいと思います。でも、牧子さんは結婚後も楽しめてますし、楽しんだ者勝ちなのかなと思います。最初は好青年っぽいじゃないですか。牧子はそれにだまされたのかなと思います」

柄本「ウブでね。最初はなんとなく年上のお姉さんっぽかったしね」

前田「違う方向に一人で走っていきましたからね。昔の人は放っとくんでしょうね。結婚って、1〜2年の話ではなく何十年の話じゃないですか。なので、それくらいの年になったら相手への興味をなくすのかなと思います」

Q.共演された印象をそれぞれお願いします。

柄本「この人はうちの弟(柄本時生さん)が仲良くさせてもらっていて、個人的にも会ったことがありますが、お芝居で仕事をするのは初めてです。この人の持つ、いろいろなところで言ってはいるのですが『僕のあっちゃん』にしたくなる魅力があり、『色気のある真っ白いキャンバス』みたいです。ただ、ほかにも言葉がありそうなんですけどね。とりあえずそれで。そういう魅力がありますよね。それは色気でしょうし、女優さんとしては非常に大事な要素です。監督にどう誤解させるかっていうことですからね。まるで、僕のあっちゃんになったかのようになってくれるし、人の目線によって変わる天性のものとしか言いようがない」

前田「佑さんは人として面白い方だし、時生に『お兄ちゃんはかっこいいんだ』と刷り込まれていきました。すごいんですよ。絶対お兄ちゃんの話が出るんですよ。二人でしゃぶしゃぶ食べてたら佑さんから電話があったりもしました」

柄本「そういう事があるから関係が遠くないんですよ。現場でもよくしゃべるし」

前田「優しいんですもん。皆に優しいし、役柄の寄り添い方も圧を感じさせず、すごくひょうひょうとしていてかっこいいお兄ちゃんでした」

柄本「もっと褒めていいよ」

前田「本当に今回の役ぴったり。佑さん以外考えられないです」

柄本「末井さんと顔似てるんだよね」

前田「この間初めて末井さんにお会いしたんですけど、不思議な感じがしました。末井さんってこんな感じかな、というイメージがつかなかったのですが、さらにイメージと全然違うところにいる人でした」

Q.実際に共演になると照れ臭さとかありましたか。

前田「私はうれしかったですね」

柄本「僕も単純にうれしくて楽しみでした。現場であって『あっちゃ〜ん』みたいな感じであいさつして。どういう芝居で来るんだ、いよいよ演技対決だぜ、みたいなのはありません」

Q.柄本さんと末井さんがピッタリとおっしゃっていますが共通点などはありましたか。

柄本「やっぱり単純に顔が似てると思いました。若い時の写真とか見るとそっくりではないけど目が小さいのが似てるのかな。捉えどころがない人ですね。監督と一緒に最初から最後まで末井さんの流れをさらっていって、ある瞬間までは誰もが共感できる青春映画であると。ある点からサスペンスに変わります。末井昭という人が、いい人だか悪い人だか分からなくなります。何を考えているかわからない空っぽになってきて、そういうカオスな世界に入り込んでいきたいという話になっていました。末井さんがどうというよりは、監督と話して撮影を進めていき、監督がそういうようにしてくれました」

最初から最後までの佑さんを楽しんでほしい

Q.冨永監督の現場はいかがでしたか。

柄本「すごく楽しかったです。冨永さんって男らしいでしょ、迷いがなくて」

前田「確かに確かに。演出している時はかっこいいですね。見た目はそうじゃないけど……(笑)」

柄本「言ったな(笑)でも演出してる時は迷いがないです。頭の中ですごくよくできているので、4月に撮影が終わり、7月には初号試写が見られるくらいの早さでした。明日このシーンを撮りますとなったら、そこのところで、どこに誰が入る前にこういうカット割りでこうやってっていうのが頭の中に入っていて、実際人が入った時に面白かったところがカットインされていく感じです。そのつなぎが変なので、多分周りの人はよく分かってないと思うし、僕もよく分かりませんでした。だけど、監督は迷いがないので安心して身を委ねていいと思いました」

前田「分かりやすい」

柄本「分かりやすいだろう。僕は監督をずっと取材していたから」

前田「確かに、現場で監督は楽しそうで、いつもニヤニヤして考えていて、役者に合わせた変化をつけてくださりました」

柄本「監督もその場でつけていくから意外だと思ったのが、監督が段取りが終わって話してる時に、助監督がカットインしてくると『ちょっと待って、今話してるから。カットインされると何話してたか忘れちゃうから』と言ってたこと。たったひと言のカットインで分からなくなるということが意外でした」

Q.お気にりのシーンは。

前田「犬を抱っこするところ。フワフワでした。子どもがいなくて、あの犬が突然登場することで時間の流れを感じさせるのがシュールだなと思いました」

柄本「抱っこすると異常にでかく感じます。もっとフワフワの小さい感じかと思っていたら(笑)僕は最後にあっちゃんがパズルをやっていて、僕のメモを見るシーン。僕がサックス持っていって出ていったので、別れのシーンだったんだと思っていたら、その後で二人でこたつに入っていて、片方はジグソーパズルをやっています。きっと二人の心は離れているんだろうけど、あそこで一瞬ホッとするというか、ドラマチックなんじゃないかなと思います。まだこの二人一緒にいたんだという、ちょっと変シーンな気もします。直前が明らかに別れのシーンになっているのに、また二人でいるという。なんか気になる好きなシーンです」

Q.冨永監督のこだわりはどんなことでしょうか。

柄本「監督と話していたことなんですが、後半はサスペンス要素が増えていく、空っぽの要素が増えていきます。僕がこだわったというより監督がそういう演出をしてくださったと思うのですが、いい人に見えるところだけは徹底的に削除していった気がします。悪い人に見える分にはいいのですが、いい人に見えたら即消していったように思えます」

前田「監督がこだわって演出してくださったので、考え込むことはありませんでした。衣装の段階から役作りができていたので。衣装の変化には驚きました。最初は銀行員、夫が働かなくなってからは三角頭巾かぶって働いて、終盤はアルパカのセーター着てメガネかけて。ちなみに、あの眼鏡をかけた私はお母さんに似てるなと思いました」

柄本「監督がこだわってたといえば、あっちゃんがカステラ食べながら煮出ししてるところとかもそうだよね」

前田「こだわってた!」

柄本「僕は関わってないけど、皆でカステラ食べながら作業するところで、異常にテストやってましたよね」

前田「“せわしないおばちゃん感”にすごくこだわってました」

柄本「監督にすごいビジョンがあるから、そこまで自分たちが直していったっていう記憶がないんですよね」

Q.冨永監督の変わった演出などはありましたか。

柄本「変わったことは一つもしてないんですが、冨永監督の体を通して変わったものになっているだけであって、冨永監督的には変わったことはしてないので、あれだけ迷いなく出てるということが変わってると思います」

前田「冨永監督の普通が変わっているんでしょうね」

Q.映画を楽しみにしている方々にひと言をお願いします。

前田「最初から最後までの佑さんを楽しんでほしいです。周りにいる人も変わっていますが、中心にいる人が変わりすぎているので、周りの人が変なのも違和感ありません。それは佑さんの良さがあふれ出てる証拠なんじゃないですかね」

柄本「分かったよ、あとでアメ買ってやるよ。末井昭さんの体を通して、でき上がっているフィクション映画になっています。こういう時代があったことを知れるでしょうし、そういうことを体験してきた人やこういう時代があったのかと思ってもらえると思います。単純にフィクション映画としてそればかりに囚われないようにして、その世界は作り出されているので、身を任せていただければと思います。身を任せてばかりだと冨永監督の不可思議なストーリーテリングにやられると思いますので、2回3回と楽しんでいただければこちらとしては幸いです。とにかく映画館で見てください」

(オトナンサー編集部)

ジャンルで探す