西川貴教、滋賀県庁でライブ!恒例イナズマフェス、19日に初のオンライン開催

歌手の西川貴教

 毎年恒例の音楽祭「イナズマロックフェス」が19日に初めてオンライン開催され、主宰するT.M.Revolutionこと西川貴教(49)が滋賀県庁でライブを生配信することになった。県庁内に設けた特設スタジオで歌い、知事室からの中継も行う。

 滋賀県出身の西川が09年にスタートした同フェスは12回目の今年、新型コロナウイルス感染拡大防止のため初めてリモートで実施される。ももいろクローバーZやゴールデンボンバー、清春、BOYS AND MENら、アイドルからロックまでバラエティーに富んだラインアップが東京、横浜、名古屋、大阪、新潟の各地から中継で出演する。

 西川は司会進行も務め、その拠点とするのが知事室だ。“西川知事”となって陣頭指揮を執る意気込みで「三日月(大造)知事の配慮でユニークな中継が実現し、大変ありがたいです」と感謝している。

 今年はコロナ禍でフジロック・フェスティバルやロックイン・ジャパン・フェスティバルなど、大規模音楽祭が次々と中止か来年への延期となった。この状況下でオンラインで開催される「イナズマ…」は、withコロナ時代のロックフェスの在り方を提案するものとして注目を集めている。西川は「なんとか皆さまに直接音楽をお届けする方法はないかと考えました。少しでも皆さまに笑顔を届けられたら」と思いを明かした。

 同フェスはLINE動画配信サービス「サブスクLIVE」で中継される。出演アーティストの地元の名産品などを紹介するコーナーも設けられ、西川は「地域創生の観点から、同じようにつらい状況の地方の生産者の皆さまへも、オンラインでバックアップをさせていただこうと考えておりますので、ぜひご期待ください」と呼びかけている。

ジャンルで探す