松本人志 マスク着用時のiPhoneの顔認証対策を考案「僕はこれを“勝手に認証”と言っている」

「ダウンタウン」の松本人志

 ダウンタウンの松本人志(56)が24日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、マスク着用時のiPhoneの顔認証システムについて秘策を披露した。

 新型コロナウイルスの影響で、外出先などでのマスク着用者が急増する中、iPhoneの一部機種に搭載された顔認証をめぐり、以前よりもロック解除に手間取るケースが報告されている。

 司会の東野幸治(52)がiPhone使用時は「当たり前のようにね、暗証番号を入れてます。マスクの時に顔認証あきらめてます」と話すと、松本は「これを何とか打開したいと思って。突破したんすよ」と手順を明かした。

 まず「Face IDをリセットしてください。リセットしてマスクを着けたまま、もう一回(顔認証)をやるんです」と説明。

 この時のポイントとして「普通にやると認証しないんですよ。顔に何かかかっています、て出る。それをね、(マスクを)ギリギリのラインまで(ゆっくりと下へ)ズラす。反応するところを探ってください。個人差あると思うんですよ。それさえできたらいけるんですよ」と得意顔で続けた。

 ただ、「それ出来て、ヤッター思ったら、今度マスクしないと(解除が)出来なくなってしまって」と振り返り、マスクを外して従来通りの「顔のやつも後でもう一回やり直して。両方認証したらいい」と解説した。

 サングラスをかけても顔は認証してくるが、マスク同時では「それは無理やねん。どっちかとるしかない」とも。さらにマスクは形状によっても違うようで「ジャバラのマスクはあんまり反応が良くないみたい」と勧めなかった。

 番組では「この方法は、たまたま出来ている人がいますが、基本的に出来ないのでオススメ出来ない」とするITジャーナリストの見解も紹介。番組スタッフが5人試して、1人が出来たと報告した。

 Appleが最新のiOSを配信し、ユーザーがマスクを着用しているかどうかを検知して、ロック画面からパスコード画面への操作を簡略化した機能を持たせたことにも触れたが、松本は「(iosの)アップデートで出来るようになったんですけど、暗証番号は押さないといけない」と指摘。「松本式ならそれもいらない。僕はこれを“勝手に認証”と言っているんですけど」とドヤ顔だった。

ジャンルで探す