松本人志 M―1暴言騒動で後輩を叱責「勉強不足」 上沼恵美子への信頼力説「あの人しかいない」

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が9日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。「M―1グランプリ2018」決勝の審査を巡り、昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリストである「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に対する暴言を動画配信し、騒動になっている問題に言及。事務所の後輩2人を「何よりも勉強不足。上沼さんがどれだけの人か分かっていない」と叱責した。

「ダウンタウン」の松本人志

番組冒頭で騒動を特集。話を求められた松本は「動画は見てないですけど耳には入ってくる。簡単に言うとハロウィーンで騒いでいた若者と同じことをしている。違うのは40のおっさんやし、上沼さんも軽トラじゃないし」と苦笑い。

続けて「自分も若い頃は生放送で審査員にたてついたことある。でも、お酒に任せていったことはないし直接言ってきた」と語り、「彼らは何よりも勉強不足。上沼さんがどれだけの人か分かっていない。勉強が不足していることすら勉強できていない」と苦言。「吉本ではない人で、女性の人で、尊敬できて、あそこに座ってもらえる人はあの人しかいない。そこを言われてしまうときついな」と審査員としての上沼の必要性を力説した。

また、「上沼さんに対してだけじゃなく、(審査員に)鬱憤が溜まっているんだと思う」と後輩の心情を推測し、最後は「来年は上沼さんと初の男女コンビ優勝を目指そうかな。どっちもボケたいからガチャガチャガチャってなる」と笑いに変えていた。

上沼はラジオ番組で「松本人志さんが上沼さんに審査員をお願いしたいって言ってもらっていることが本当に光栄」と松本に対する信頼を口にしていた。

なお、久保田と武智の2人は問題の動画を削除し、4日にツイッターで「上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした」などとそれぞれ謝罪。上沼自身は8日に「まわりが騒いでいるほどじゃないですよ」「2人に興味がないんです」などと騒動について語っていた。

ジャンルで探す