岡村隆史 M―1暴言騒動に「とんでもない事件が起きた」

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(48)が6日深夜、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。「M―1グランプリ2018」決勝の審査を巡り、昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリストである「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)が、審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に対する暴言を動画配信し、騒動になっている問題に言及した。

「ナインティナイン」の岡村隆史

この日はM―1での熱戦を振り返るために「M―1グランプリ2008」の覇者であるお笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(38)がゲスト出演。岡村は「(2人で)純粋に大会の話をしたかった」としながらも「とんでもない事件が起きました。蓋を開けてみると、ザワザワして」と大会後の騒動について切り出した。

「ほんまにもう、何と言うてあげたらいいのか。悪いのはもうあの2人ですけれども」と困惑しつつ、「思うに、みんなM―1の決勝に出てくる人ってホンマに漫才が好きで、M―1にかけすぎてるんですよ。分かるんですけど、抑えるとこは抑かんと」と見解。「いろんなところで、いろんな打ち上げが行われ、ああでもないこうでもない、それはしょうがないこと。それが、いろんな人にたきつけられたのか、思いが爆発したのか、あんなことになって、えらいことですよ」と思わぬ騒動にあきれた。

「いろいろなキャラもあるけれども、いろいろな人にかわいがってもらわんと。かわいくないことしたらあかん」としつつ「こればっかりは申し訳ないけれども、何回観てもアカンわ。何回観ても悲しくなる。これはアカンって思ってまったもん」と2人の愚行を斬り捨てた。

ただ「裏のこともある。どういう経緯で上沼さんが審査委員を引き受けはったのか。いろんな人が頭下げて、上沼さんに審査員のほう、お願いします!って言うたわけじゃないですか!」と推測。また、沈黙を貫いている審査員の一人「ダウンタウン」松本人志(58)が「どういう見解を示さはるかによって、また世の中の流れ(が変わる)」と指摘し、久保田と武智には「上沼さんにコンタクト取って、謝ったりということがないとあかんと思いますよ」とした。

「まさか、平成最後のM―1がこういう形で終わってしまうとは」と残念がった岡村。「ネットの皆さんもどうやこうやいうのもわかりますけど、もうちょっと熱なり過ぎているところがある。もうちょっと何とかなってほしい」と騒動の早期の収束を願った。「あの2人には猛省していただいて。何とか私たちの思いも(上沼のいる)関西のほうに届いたらいいなと思う」と呼びかけ、「ほんますみませんでした」と代理で謝罪。最後は石田も一緒に「おんまお許しを」を声をそろえた。

ジャンルで探す