福岡・佐賀・長崎 大雨特別警報は警報に切り替え

「やっぱり名作」「胸がぎゅっとなる」 ドラマ「愛していると言ってくれ」、常盤貴子&豊川悦司の名演に反響

25年ぶりの“リモート同窓会”で対談した常盤さんと豊川さん (C)TBS

 女優の常盤貴子さんと俳優の豊川悦司さんが主演のTBSドラマ「愛していると言ってくれ」(1995年放送)が5月31日、“2020年特別版”として放送スタート。第1回の放送を見たファンからは、「25年経っても色褪せない」「やっぱり名作だ 胸がぎゅっとなる」と感動する声が相次いでいます。

【画像】作中での常盤さんと豊川さんの2ショット

 「愛していると言ってくれ」は、舞台女優の卵である水野紘子(常盤さん)と幼少期に聴覚を失った新進青年画家である榊晃次の切ない恋模様を描いたラブストーリー。出演陣の名演や繊細なストーリーが話題を呼び、平均視聴率は21.3%、最終話は28.1%を記録しました(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

 今回放送がスタートした特別版では、全12話を4回に分けた本編に加え、常磐さんと豊川さんのリモート対談を放送。第1回の放送を見たファンからは「トヨエツと常盤貴子絵になりすぎ」と驚く声や「初めて見たけどかなり刺さったなあ」としみじみする声とともに、「この頃のトヨエツが33歳でかっこよすぎてビビる」「どうすりゃこんな色気出るんだ…」と若き日の豊川さんに胸ときめく声もあがっています。

 放送に先駆けて、常盤さんはポスター撮りの際に撮影したという豊川さんにバックハグされている写真を公開。撮影に出掛ける前と帰宅後に、この写真に向かって手を合わせていたことを告白し、「神様ならぬ…豊様…」と当時を思い出していました。

 他にも、晃次の義妹である榊栞役で出演していた女優の矢田亜希子さんもInstagramを更新。デビュー作だった同作を思い出し、「素敵な思い出たくさん 私も胸が熱くなりました」「撮影シーン全て記憶に残ってます」と心の内をつづっていました。

 「愛していると言ってくれ 2020年特別版」は6月21日までの毎週日曜日、14時から17時に放送予定です。

ジャンルで探す