「完治まで半年は最低かかるのかな」 大場久美子、白内障の手術を報告

大場久美子さん(画像は大場久美子オフィシャルブログから)

 女優で歌手の大場久美子さんが3月23日、白内障の手術を終えたことをブログで報告。2020年に入ってから目に違和感を覚えたそうで、2月に白内障の診断が下り、3月に手術したことを明かしています。

【画像】手術を終え、眼帯をつけた姿

 右目の一部に死角があり、最初に右目を手術。1週間あけて左目も手術したとのことで、ブログでは眼帯姿の写真も公開。術前術後の2週間はコンタクトレンズが使えず、術後5日間は洗顔やシャンプー、1週間はメイクが禁止されているとのこと。初診から完治までは「半年は最低かかるのかな」とつづっています。しばらくは生活するのも大変そうだ……。

 術後は、眼内レンズを入れたことによって視力が回復。0.01しかなかった視力が1.0まで回復しており、「人生初めての見える世界!」「幼少期の眼がよみがえりました」と喜びをつづっています。

 また、大場さんは白内障手術と並行して鼓膜治療を行っていたことも報告。2020年に入ってから右耳が全く聞こえていなかったことや、放置していた左耳にも激痛が走るようになったそうで鼓膜治療を行うことに。完治まで2カ月以上かかったことを明かしています。

ジャンルで探す