声優・間島淳司、SNSでの不適切投稿を謝罪「認識が甘く軽率で配慮のない文章」

【モデルプレス=2024/06/24】声優の間島淳司が24日、自身のX(旧Twitter)を更新。自身の不適切なSNS投稿について謝罪した。

間島淳司Xより


(写真 : 間島淳司Xより)

◆間島淳司、SNS投稿を謝罪

間島は直筆のサインを添えた文書にて「私の軽率な発言で世間の皆様に不快な思いをさせてしまい、また関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。SNS上での指摘を受け「見知らぬ人が隣に座ることを不安に思う方がいるのはおっしゃる通りであり、自信を守るために普段から気を付けて生活をすることはとても大切なことだと感じております」と考えを改め「私の認識が甘く軽率で配慮のない文章を書いてしまったことを痛感いたしました」と反省の意を示している。

また「今後はより一層、周囲の方々がどのように感じどう思うか、ということに重きをおいて自分の考え方を改め、同じことを繰り返さないよう反省し努めて参ります。重ねてにはなりますが、この度は誠に申し訳ございませんでした」と伝えている。

間島は20日、「電車乗ったらけっこう席が空いてたから、手すり挟んで女性の隣に何気なく座ったんだけど、すぐに女性が向かい側の端の席に移動したのよ。んで一駅進んで別の女性が僕の隣に座ったら、その女性の隣にまた座り直したの。たぶん移動した席の隣も男性で、隣に座って欲しくないんだろうけど…感じ悪いよね」と電車での出来事を報告。その女性に対し「知らない女性からなんとかハラスメント食らったことになるんだろうけど、そんなことより『そんなことばっかやってるから変な男性に絡まれるんだろうなー』」などと投稿し、SNS上で物議を醸していた。

間島は1999年に声優デビュー。「Memories Off」稲穂信役や「とらドラ!」の主人公・高須竜児役、「しゅごキャラ!」二階堂悠役、「暗殺教室」千葉龍之介役などを務めている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す