<らんまん 第114話あらすじ>寿恵子、初の渋谷へ「ここに来るのはやめた方がいい」と言われる

【モデルプレス=2023/09/06】俳優の神木隆之介が主演を務めるNHK連続テレビ小説『らんまん』(総合、毎週月~土あさ8時~/BS4K・BSプレミアム、あさ7時30分~)の第114話が、7日に放送される。

浜辺美波、神木隆之介「らんまん」第114話(C)NHK


(写真 : 浜辺美波、神木隆之介「らんまん」第114話(C)NHK)

◆神木隆之介主演朝ドラ「らんまん

連続テレビ小説第108作『らんまん』のモデルは、日本の植物学の父・牧野富太郎。実在の人物である牧野富太郎(1862-1957)をモデルとするが、激動の時代の渦中で、ただひたむきに愛する草花と向き合い続けた、ある植物学者の波乱万丈の物語として大胆に再構成。登場人物名や団体名などは一部改称して、フィクションとして描く。

神木が主人公・槙野万太郎、浜辺美波がその妻となるヒロイン・寿恵子、志尊淳が万太郎の生家である酒蔵「峰屋」の番頭の息子・竹雄を演じる。

◆「らんまん」第114話あらすじ/9月7日(木)

寿恵子(浜辺美波)は初めて渋谷に降り立つ。農村地帯が広がり、通りは汚く、居酒屋の店主・荒谷(芹澤興人)にここに来るのはやめた方がいい、と言われてしまう。

しかし、荒谷の店で買ったお握りがとてもおいしく、りん(安藤玉恵)や子どもたちにも大好評。その夜、万太郎(神木隆之介)が植物と向き合う姿を見て、寿恵子は、渋谷をもっと観察しようと心に決める。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す