なにわ男子・高橋恭平、畑芽育を“お姫様抱っこ”で苦戦「僕ガリガリなので」普段は道枝駿佑を抱っこ<なのに、千輝くんが甘すぎる。>

【モデルプレス=2023/01/25】なにわ男子の高橋恭平が25日、都内で行われた主演映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(3月3日公開)完成披露試写会に、畑芽育、板垣李光人、莉子、曽田陵介、中島瑠菜、鈴木美羽、新城毅彦監督とともに登壇。畑を“お姫様抱っこ”することに苦戦したエピソードを明かした。

大きい卵(畑芽育)を落とさないように必死だった高橋恭平(C)モデルプレス


(写真 : 大きい卵(畑芽育)を落とさないように必死だった高橋恭平(C)モデルプレス)

◆高橋恭平、畑芽育を“お姫様抱っこ”で苦戦

胸キュンシーンが連続となる本作で、特に印象に残っている甘いシーンに“お姫様抱っこ”をあげた高橋。「普段メンバーをお姫様抱っこするとかはあるんですけど、遊びで。メンバーの道枝駿佑だったりとかお姫様抱っこしてます。身長でかいんですけど。そういうのしかないので、ザ・胸キュンのあのシーンはすごいいいなと思います」と振り返った。

高橋にお姫様抱っこをされた畑は「私もお姫様抱っこをされる機会がないので、すごい緊張したんですけど、高橋さんだいぶてこずっていたと思います(笑)。慣れていないですよね」と苦戦していた様子を回顧。MCの荘口彰久から「道枝さんとはやっぱり違いますか?」と聞かれた高橋は、「大事に大事にと言いますか。僕結構ガリガリなんですよ。そっと大きい卵を落とさないようにと言いますか、本当に丁寧に、過去1優しいお姫様抱っこをしました」とその時の様子を再現。

しかし新城監督は「そんなことなかったですよ!歩いてる時にすげーかっこつけるんですよ、恭平が。スローとかかかっちゃって、あ~かっこいいなと。細いのに一発でいけるんだと思った。なかなかイケメンですよ。本人もイケメンだとわかってる」と高橋のお姫様抱っこシーンを絶賛。高橋は「嬉しい、ありがとうございます!」と喜びながら、「本当にあれはかっこよかったと思いました!かっこよく撮っていただいてありがとうございます」と自画自賛していた。

◆高橋恭平主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」

本作は、講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊8巻で230万部を突破した、亜南くじらによる人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』を実写映画化。高橋が主人公・千輝彗、畑がヒロイン・如月真綾を演じ、フレッシュなキャストが集結した胸キュンシーン連続の“女子憧れ度No.1”青春ラブストーリー。

この日の舞台上にはレッドカーペットならぬピンクカーペットが敷かれ、ハートの装飾が埋め尽くされるなど“甘すぎる”仕立てに。さらには、完成を祝してハート型の紙吹雪が飛び出すキャノン砲でド派手に祝砲を放つ演出もあった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す