杉咲花、黒髪ショートで登場 「99.9」現場での初体験語る「幸せでした」

【モデルプレス=2022/01/15】女優の杉咲花が15日、都内で行われた映画『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』の大ヒット御礼舞台挨拶に、主演の松本潤(嵐)をはじめ、共演の香川照之西島秀俊道枝駿佑(なにわ男子)、蒔田彩珠とともに登壇した。

杉咲花(C)モデルプレス


(写真 : 杉咲花(C)モデルプレス)

松本潤主演「99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE」

TBSで2016年・2018年に日曜劇場で放送され、いずれも高視聴率を記録、熱烈な支持を集めたドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』を映画化した本作は、個性豊かな弁護士たちが99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく、新感覚の痛快リーガル・エンタテインメント。

日本の刑事事件における有罪率は99.9%。一度起訴されるとほぼ有罪が確定してしまうが、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実”に辿り着いたことにはならない。本作は、その最後の「0.1%」まで諦めず事実を追求する弁護士たちの姿を描いた物語。

杉咲花、黒髪ショートで登場

公開からわずか8日間で動員100万人を突破し、最終興収50億円を見込める大ヒットスタートを切った本作。劇中では松本・香川・杉咲らのコミカルなやりとりが話題を呼んでいるが、松本は「3人の団体芸です。僕らはふざけてるだけで、道枝くんとか西島さんとか、今回新しく参加した方たちに感動の方向を演じてもらった」と新キャストの西島・道枝・蒔田らに感謝。香川も「私たちは汚れ。台本の跡形もない」と語って笑わせた。

本作で三代目ヒロインとして新米弁護士・河野穂乃果役を演じた杉咲は、「私のもとにもすごく反響が届いていて、学校の友達とかも観に行ってくれて『すごいおもしろかったよ!』とわざわざ連絡をくれたりして、普段そういう連絡をもらう機会があまりなかったので、本当に嬉しかったです」とにっこり。

『99.9』をひと言で表すのなら、という話題では、杉咲が真っ先に「隅々までものすごく細かい映画」とあげ、「撮影の合間に皆さんが輪になって『次のシーンはどうしよう』と話し合っていたり、本読みをする機会もたくさんあって、そんな現場が初めてでしたし、そうやってどんどんおもしろくなっていく過程を体感できることがすごく幸せでした」と感慨深げに明かし、「ここ映ってるのかな?と思うところも美術が細かくて」と緻密なセットにも感激していた。

松本は「スタッフ一同が夢をのせる映画」とあげ、「その心は、スタッフの皆さんもすごく前向きに『こんなことやったらおもしろいんじゃないかな』『こんなことできないかな』と、この映画の内容みたいに、何が一番ベストかを最後まで探り続ける現場だった。今は大変な状況になりつつあるのかもしれないですけど、エンタメがたくさんの人たちに届けられるように願って、みんなが行動に起こしているのを現場で感じたので、それが感じられるというのがすごく嬉しいです」と思いを明かした。

また、昨年末に行われた完成披露試写会の際には、ベリーショート姿で登場し話題を呼んだ杉咲。さらにこの日は明るい茶髪から黒髪にイメージチェンジした姿を披露し、香川から「杉咲さんはどうして髪が黒くなったんですか?」と素朴な疑問が投げかけられる場面が。杉咲は「ちょっと(色が)抜けすぎて…(笑)」と返していた。

イベントの終盤では、映画版にも出演するドラマシリーズからの豪華キャスト、榮倉奈々木村文乃・青木崇高・奥田瑛二・笑福亭鶴瓶岸部一徳から、「99.9」シリーズを引っ張り続けてきた座長・ 松本へ感謝の想いを込めたサプライズビデオメッセージが到着。

さらに、「#日本全国チーム999」として全国各地から募集した、「99.9」と一緒の写真を巨大モザイクアートでお披露目。感謝の文字が浮き上がる、巨大モザイクアートパネル前でフォトセッションを実施し、会場を盛り上げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す