10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

高杉真宙、ゲス極・休日課長役に?「ホメられたい僕の妄想ごはん」主演決定

【モデルプレス=2021/06/12】俳優の高杉真宙が、7月10日スタートの真夜中ドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」(テレビ大阪・毎週土曜深夜0時56分~、BSテレ東・毎週土曜深夜0時~)で主演を務めることが決定した。

高杉真宙、休日課長(C)「妄想ごはん」製作委員会


(写真 : 高杉真宙、休日課長(C)「妄想ごはん」製作委員会)

◆高杉真宙主演「ホメられたい僕の妄想ごはん」

同局の土曜深夜「真夜中ドラマ」枠では、これまで「グッド・バイ」「面白南極料理人」「名建築で昼食を」など注目を集める作品を放送してきた。そして今回は、今までにない「グルメ×音楽×恋愛コメディ」をテーマにした新ジャンルのドラマ「ホメられたい僕の妄想ごはん」に決定。

ゲスの極み乙女。のベーシスト、休日課長による話題のレシピ本「ホメられるとまた作りたくなる!妄想ごはん」を原案に、妄想の世界に登場する理想の彼女にごはんを振る舞うモテない男の奮闘を描く。

◆高杉真宙、ゲスの極み乙女。休日課長役を熱演

原案は、休日課長による話題のレシピ本で、若手実力派でイケメン俳優の高杉が“非モテ”キャラの休日課長役を演じる。

ディレクションするのは、MV界で活躍中の新進クリエイター、稲葉浩志・miletを手掛けた針生悠伺監督、Aimer・絢香を手掛けた佐藤竜憲監督、Official 髭男 dism・[Alexandros]を手掛けたかとうみさと監督など、音楽にこだわり抜いた映像表現で、グルメドラマの新境地を開く。

音楽に乗せて作るミュージックビデオ風の調理シーンや、近日発表予定の“妄想彼女”役にも注目だ。

◆DADARAY、主題歌「Ordinary days」書き下ろし

川谷絵音がプロデュースしたDADARAYが、ドラマのために主題歌「Ordinary days」を書き下ろし。作詞は、ボーカルのREIS、作曲は川谷とキーボード&ボーカルのえつこが手掛けた。ドラマの世界観を彩る1曲となっている。(modelpress編集部)

◆高杉真宙(休日課長役)コメント

今回、「妄想ごはん」和田理生役を務めさせて頂くことになりました。ゲスの極み乙女。の休日課長さんによるレシピ本、「妄想ごはん」を原案にしたもの、つまり僕は、休日課長さんを演じなければいけないんだ!と緊張している現状です。

あまり料理をしてこなかった僕ですが、今回このレシピ本を見て「その料理を褒められたい」「料理に必要なのはテクニックではなく、妄想だ」という言葉に共感して勇気を貰い今まさに練習中です。素敵な姿をお見せ出来たらと思います。

◆原案本著者・休日課長 コメント

妄想は自由だ。妄想するとき、実現できるかどうかなんて考えなくて良いのです。だから夢しかない。妄想は最上級の夢でもあります。人生初著書であるレシピ本「妄想ごはん」が出来上がった時、お恥ずかしい話、ドラマ化の妄想をしました。まさかその妄想、つまりは最上級の夢が現実になるとは。レシピ本がドラマ化なんて。一方的にお送りした妄想リストのネタも台本に盛り込まれてて嬉しかった…。

そして何と言っても和田理生役が高杉真宙さん。もはや超次元妄想。味わい深い作品になる期待で溢れています。まるで、カレーを煮込む鍋の前に、香りたっぷりの湯気を浴びながら立っている気分。蓋を開けるのが楽しみで仕方ありません。

◆DADARAY コメント

<川谷絵音>

課長原案のドラマ主題歌ということで、メンバーのえつこにも作曲、REISにも作詞してもらい、DADARAY全員の気持ちが同じ場所に向かった結果素晴らしい作品になったと思います。メンバーに引き出され、今までにない爽やかなメロディーが降ってきたことも僕にとっては重要な一コマでした。新しいDADARAYをどうかご賞味ください。

<休日課長>

料理をしながらつい口ずさんでしまうような、日常に優しく寄り添ってくれる素晴らしい曲になったと思います。「Ordinary days」是非楽しみにしていてください!!

<REIS>

課長の妄想の中に登場する彼女たちの気持ちや背景を私なりに妄想しながら大切に書き下ろしました。ぜひドラマと共に、楽曲の世界観も楽しんでいただけたら嬉しいです。

<えつこ>

課長のレシピ本がドラマ化されるという事で大変楽しみにしておりました。川谷絵音、REISと作り上げたこの曲で彼の妄想ワールドを存分に盛り上げ、本業はとっても格好良いベーシストなんだということを伝えていきたいです。(彼女できますように)どうぞめしあがれ〜!

◆あらすじ

平日は電機メーカーの子会社で働くサラリーマン、週末はバンドマンでベーシストの主人公・和田理生。真面目でこだわりが強い分、人間関係は不器用。女性にモテず、彼女いない歴なんと3000日。やさぐれ気味の理生はいつも思う“誰かにホメられたい”と。

そんな理生は、美味しいご飯を作るのが日課。こだわりの食材を用意し、今日もキッチンに立つ。手際よく調理をしながら、一人二役で架空の彼女との会話を楽しんでいると、誰もいないはずの食卓から女性の声が。不思議な妄想の世界で理想の彼女との楽しい食事が始まる。

【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す