ムロツヨシ、三吉彩花の普段着に大興奮「スポーツブラに透明のシャツを着てるんですよ!」<ダンスウィズミー>

【モデルプレス=2019/08/16】映画『ダンスウィズミー』の初日舞台挨拶が16日、都内で行われ、主演の三吉彩花、共演のやしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、メガホンをとった矢口史靖監督が登壇した。

(左から)ムロツヨシ、chay、三吉彩花(C)モデルプレス


(写真 : (左から)ムロツヨシ、chay、三吉彩花(C)モデルプレス)

本作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、構想に16年かけて“ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?”をテーマに、奇想天外でまったく新しい笑えるミュージカル映画を作り出した作品で、子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いだったが、催眠術のせいで音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった静香(三吉)が、術を解くため日本中を奔走する姿を描く。

◆ムロツヨシ、妄想爆発「走る with 三吉彩花」

舞台挨拶では、“この夏、登壇者の誰と何をしてみたい?”のお題に答える企画が行われ、“バンジージャンプ with 監督”と書いた三吉は「私たち、監督の雄叫びを聞いたことがないんです。なので、バンジージャンプをしたら、さすがにとんでもない声が聞けるのではないか、そんなレアな監督を見てみたいという気持ちで書きました」と説明しつつも、すかさず「私はバンジージャンプはできませんので、上から眺めています」と自身は参加拒否。これに矢口監督は「三吉さんと2人だったらやります」と応じ、三吉が「すぐやります」と快諾すると、矢口監督は「ウソ…。あなた、高所恐怖症でしょ」と目を丸くし、三吉が「高所恐怖症ですけど、監督の雄叫びは聞きたいですね」とまさかの反応をすると、矢口監督は「ここはカットしていただいて、なかったことにしてください」と証拠を残さないよう報道陣にお願いした。

また、chayは“デュエットソング with ムロツヨシさん”と挙げ「あまり映画では(ムロが)歌うシーンがなかったじゃないですか。でも絶対お上手ですよね」とムロに投げかけると、ムロは「そんなことない…、でもchayちゃんが言うならそうなのかな」と上機嫌に。加えてchayが「わかります。喉の感じでお上手そうってわかります。私、自分の楽曲では女性の方としかコラボレーションしたことがないので、男性とやりたいなとずっと思っていました」と吐露すると、ムロは「カラオケとかじゃなくて楽曲?」と驚くと、chayは「ガチです!」と力を込め、ムロは「おおぉぉお、わ…わかった。今から練習する」と後退った。

そんなムロは“走る with 三吉彩花”と書き「僕、この作品に入るちょっとくらい前から走るようになりして、ちょうど函館ロケがあったんですけど、そこで走る前にばったり(三吉と)会ったんです。で、(三吉は)走るわけじゃなかったのに、そのときの走るみたいな格好をしていて、スポーツブラに透明のシャツを着てるんですよ!」と大興奮し、MCから「おしゃれですねえ」と声が飛んだが、ムロは「でも透明だから全部三吉なんですよ。こんな格好で君は函館の街を歩いてきたのかと!だから、それを見たときに、その姿の隣で走りたいと。このスタイルでスポーツブラに透明のシャツ着ます?それで隣で走っている俺。ちょっと遅れてくるやしろちゃん。それを引きで撮ってもらいたいですね」と妄想を爆発させていた。

また、矢口監督から三吉へサプライズで手紙が送られ、三吉が涙する場面もあった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す