Showtek「S2O JAPAN」インタビュー 初出演で「日本がさらに好きになりました」

【モデルプレス=2019/08/16】Sjoerd、Wouter Janssenの2人の兄弟からなるオランダのエレクトロニックダンスミュージックのデュオ・Showtek(ショーテック)が、タイ発祥の“世界一ずぶ濡れになる音楽フェス”「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019(エスツーオー・ジャパン・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル 2019/以下『S2O JAPAN 2019』)」に出演。モデルプレスのインタビューに応じた。

Showtek(提供写真)


(写真 : Showtek(提供写真))

◆「S2O JAPAN」の感想を教えてください。日本のフェスという雰囲気を感じられましたか?

今まで東京でプレイしたイベントの中で一番大きかったです。ニューイヤー(新年)も日本でプレイしましたが、そこから半年くらいで戻ってこれ、このような大きなフェスに出られてすごく嬉しいです。オーディエンスのテンションもばっちりで、自分たちのプレイしたい曲を流せるので、最高です。もともと日本は好きでしたが、今日でさらに好きになりました。

◆ステージ直前、どのように過ごしていますか?ご自身のルーティンなどありますか?ほかのフェスと違って水に濡れるフェスですが、なにか対策などを行いましたか?

静かに裏に入って、アイデアを語ったりします。個々でリラックスして、エネルギーをためてステージに立った時にそのまとまったエネルギーを爆発させます。新曲だったり、プレイ時間に合わせて、前準備とどう音楽を流すかの調整はします。今日のステージもしっかり準備し、200%(1人100%!)の演出ができました。

◆ほかの国と比べて日本の観客のノリはいかがでしたか?もっと楽しめるポイントがあれば教えてください。

日本はパーフェクト!良いバイブス!日本は文化が人々の中に現れていて、みんなワクワクしていて、一緒の空間を楽しみ、音楽への愛を分かち合える人が多いのでそれを次の世代にも引き継いでいってほしいです。

◆日本の女の子のフェスファッションやメイクをどう思いましたか?可愛いと思ったポイントなどを教えてください。

ショッピングしている時に着物を着ている人がいて、そういうのを受け入れる文化って他文化の人からすると素晴らしいと思います。フェスのファッションに関しては男女共に色々な格好が見受けられましたが、日本は表現の自由があり、ファッションが自分を表現する一種であり、偏見を持たずに自分なりの表現ができるのが素晴らしいと思います。

◆夢を追いかけている若者に向けて夢を叶える秘訣を教えてください。

大切なのはあなたを信じて、サポートしてくれる人からしっかりとしたアドバイスを受けることだと思います。中にはその人の目標のために巻き込んで行こうとする人もいますが、そう言った人と一緒にいると想像や目標と違ったところにたどり着くことがあります。自分が何を目標としているか理解して、その一部でありたいと思う人といるべきで、そうでない人は切るべきです。自分の勘を信じてまっすぐであることが大事だと思います。世の中には似たような音楽がいっぱいあります。大切なのことは、自分を持ってユニークさを作っていくべきです。音楽でもアートでも映画でも人生で影響を受けたものがあればそのパッションを追うことをおすすめします。

― ありがとうございました。

開催2年目となった「S2O JAPAN 2019」は、海浜幕張のビーチサイドに会場を移し、日程も2日間から3日間(7月13日~15日)となり、更にパワーアップ。20~30代の若者を中心に幅広い年齢層の人々が来場し、3日間の来場者は4.5万人に達した。(modelpress編集部)

■Showtek(ショーテック)プロフィール

Sjoerd JanssenとWouter Janssenによる兄弟デュオとして、2001年頃から音楽活動を開始したShowtek。当初はテクノを中心とするも、高速ビートのハード・スタイルを経て、プログレッシヴ・ハウス/テクノなどのEDMへと移行。2013年リリースの「Booyah」が爆発的な大ヒットを記録し、世界中のフェスやクラブイベントで引っ張りだこの存在に。その後も2014年リリースの「Bad」、2015年リリースの「Sun Goes Down」などヒット曲を数多くリリース。2014年のDJ MAG Top 100 DJsでは17位にランキングされている。


【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す