三吉彩花が涙「1回自信を失くしたんですけど…」<ダンスウィズミー>

【モデルプレス=2019/08/16】女優の三吉彩花が16日、都内で行われた主演映画『ダンスウィズミー』の初日舞台挨拶に、共演のやしろ優、chay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、メガホンをとった矢口史靖監督とともに登壇した。

涙を流した三吉彩花(C)モデルプレス


(写真 : 涙を流した三吉彩花(C)モデルプレス)

本作は、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が、構想に16年かけて“ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?”をテーマに、奇想天外でまったく新しい笑えるミュージカル映画を作り出した作品で、子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いだったが、催眠術のせいで音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった静香(三吉)が、術を解くため日本中を奔走する姿を描く。

三吉彩花、サプライズに涙

舞台挨拶では、矢口監督から三吉へサプライズで手紙が送られる一幕もあり、クランクイン前に親睦を深めるために三吉とやしろと3人で食事をしたことに触れた矢口監督は「そのとき『オーディションで僕だけは三吉さんでいけると思った。みんなは違ったけど、あなたなら絶対にこの役ができます。保証します。安心して現場に来てください。顔が赤くなりやすいのはCGで消せます』と、そんなことを言いましたが、あれはあなたを安心させたくて言ったデマカセです。本当はなんの根拠もなくて、ただの勘でした。CGもウソです」と告白し、「でも、今なら言えます。僕の目に狂いはなかった。よく頑張りました。矢口組に参加してくれてありがとう」とねぎらった。

これに三吉は「もう、泣いちゃいそうですね…」とうっすらと目に涙を浮かべ、深呼吸をして気持ちを落ち着かせたが、「『オーディションに落ちたと思ったんですけど、受かったので頑張ります』といろんなところでお話しさせていただいていたんですけど、監督もおっしゃったように、監督が私でいきたいと言ってくださって、ワーナーさんですから、数々の作品もやられていますし、いろんなプロデューサーの方々に入っていただきまして、ほかの方々はちょっと不安だったという話を、撮影している途中に聞いたんですよ。そこでちょっともう1回、自信を失くしまして…、撮影は始まっちゃっていますけど…」と堪えきれず涙。

「撮り終わっているシーンも結構あって、これが日本のミュージカルと発信していくものの主演が私で大丈夫なのだろうかと思って、そこでもう1回、自信を失くしたんですけど、こういうお言葉をいただけて、いよいよ今日から公開ですし、今日も朝から劇場に足を運んでくださって、私のインスタグラムだったり、いろんなところでコメントを寄せてくださっているのを見て、少しずつ自信に変わりつつあるので、皆さまに応援していただければなと思います。ごめんなさい、しんみりさせちゃった」とコメント。観客からは温かい拍手で包まれた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す