話題のバーチャルYouTuberイベント潜入 マツコ、可愛すぎる強烈キャラに「クセになりそう」

【マツコ会議/モデルプレス=2月9日】タレントのマツコ・デラックスが出演する日本テレビ系バラエティ番組「マツコ会議」(毎週土曜よる11時~)。9日の放送回では、この1年で増加し続けているバーチャルYouTuberに会えるイベント会場と中継を結ぶ。

9日放送の「マツコ会議」より(C)日本テレビ


(写真 : 9日放送の「マツコ会議」より(C)日本テレビ)

バーチャルYouTuber(Vチューバ―)とは、アニメやCGのキャラを使って活動するYouTuberのことで、中にはチャンネル登録数240万人を超える「キズナアイ」などの人気者もいるという。さらに昨年末には人気Vチューバーが週刊誌のグラビアデビューを飾るなど、男性ファンを中心に急速な盛り上がりを見せているVチューバ―の世界。

早速イベント会場へ向かうと、イベント前のリハーサルをしている男性のVチューバ―に遭遇。とある人気歌手にあまりにも似すぎているその声に「モノマネでしょ?悪質ね~」とマツコは疑いの目で斬り込む。この低い声が地声だという彼は、昔コールセンターのバイトでその歌手と間違えられたことがあるという。お客さん役に扮したマツコに、果たしてどんな電話対応を披露するのか…?そして、あまりにも似すぎる声に「アタシ(中の人の)顔見たくてしょうがないんだけど!」と思わずマツコはもどかしさを露わにする。

◆可愛すぎる強烈キャラも登場

さらに、Vチューバーのイベントを主催しているという可愛らしい3Dキャラクターが登場。ふわふわで白い、赤ちゃんのような声を発する謎の生き物に「嫌いじゃない。これはクセになるかもしれない」と興味津々のマツコ。質問に対するしゃべり方と独特な声にマツコは笑いが止まらない。そして、Vチューバ―業界では禁断の「中の人」もリアル出演する。

業界内では「中の人」のことを「魂」と呼んでいるのだそう。場所を移動し、中の人に話を聞くと、元々インターネットで動画やラジオを投稿したりしていて、その中の企画でVチューバーになるために、クラウドファンディングで600万円以上資金を集めたという。2Dのキャラクターより、3Dのキャラクターは製作費用が遥かに高額なのだとか。「みんな投資しがいがあったんじゃない?」とVチューバ―としてのクオリティーを評価するマツコ。「でも本当にいいの?ここまで見せちゃって。しばらくファンタジーの方が良いんじゃないの?」と心配するマツコに、番組スタッフも「前代未聞の新しい企画」と感動の声を漏らす。「本人が知られているのにVチューバ―になるって新しいカタチ。新しいことに挑戦しようとしているのね」と終始関心を寄せるマツコだった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す