平祐奈、10代最後の日に快挙

【平祐奈/モデルプレス=11月11日】11日、東京国際展示場で開催された「東京ネイルエキスポ2018」にて「ネイルクイーン2018」授賞式が行われ、協会新人賞を受賞した女優の平祐奈が登壇した。

受賞式に登場した平祐奈(C)モデルプレス


(写真 : 受賞式に登場した平祐奈(C)モデルプレス)

2011年にデビュー以降、多くの映画、テレビ、バラエティ、CMとマルチに活躍しフレッシュな魅力で注目を集める中「ネイルをしてもらうとテンションがあがる」とツイートするほど、大のネイル好きとしても有名な平。季節に合わせたネイルや主演映画やDVDにちなんだネイルアートをInstagramで披露するなど常にネイルライフの楽しさと日本のネイルカルチャーの発信に貢献していることを理由に選出された。

11月12日に20歳の誕生日を迎える平は、トロフィーを受け取ると「10代最後の日に、こうして女性なら誰でも憧れる賞を頂けて光栄です」と挨拶。この日のネイルのタイトルは『未成年から成人へ』ということで、ピンクベースのキラキラとしたネイルを「スワロフスキーで10代感を出して、キラキラさせました。10代から20代にかけて羽ばたけるように羽ものせました」と紹介した。

今後、挑戦したいネイルについては「大人としてちょっとダークな色味を使ったり冬になるのでニットネイルやマットなもの、(トレンドの)モーブカラーを取り入れた大人なネイルに挑戦したいです」と目を輝かせた。

◆ネイルクイーン2018

ネイルクイーンの発表は、1996年から開始し、今年で23回目。手入れの行き届いた美しい指先を持つ、ジャパニーズビューティーを代表する著名人に贈られる。

今年はグランプリを大地真央が、協会特別賞を平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリングチームのロコ・ソラーレが、協会功労賞をピーターが受賞。なお、ピーターは2008年、2015年に続き今回で3回目の受賞となり、殿堂入りを果たした。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

ジャンルで探す