芸能

ブルゾンちえみ、“恋人いない歴”明かす 結婚&出産願望は?

【ブルゾンちえみ/モデルプレス=11月15日】お笑いタレントのブルゾンちえみが15日、「2017 第30回 小学館DIMEトレンド大賞」のベストキャラクター賞を受賞し、都内にて開催された発表・贈賞式に出席した。

授賞式に出席したブルゾンちえみ (C)モデルプレス


(写真 : 授賞式に出席したブルゾンちえみ (C)モデルプレス)

◆ブルゾンちえみ、恋人いない歴に「ヤバイ」

来年の抱負について、「2018年は、恋愛をしたいなと思っています」と願望を明かしたブルゾン。「恋愛を指南するネタをやっているのですが、私が恋愛をしていないといけないなと思ったのです。なので、私もプライベートを充実させて、世の女性たちにいい還元の仕方ができればと思っています」と話した。

しかし、現段階で男性に口説かれたりすることもないそうで「今、『待つの!』とか言っているじゃないですか。来ていないのですよ、結構」と告白。「ネパール人の彼氏と3年前くらいに別れたのが最後です。日本人は7年くらい付き合っていない。ヤバイですね」といい、「私が『待つの!』と言っているじゃないですか。シャイボーイは、来ないのです。方程式が成り立たないのです」と力説した。

報道陣から「自分から行くしかないのでは?」と提案されると、「分かりました。2018年は自分から行きます。待ちません」と宣言。「あれで(=『待つの!』のネタで)勇気をもらった女子には申し訳ないのですが、イチ抜けして、『待たない』と言います」と恋愛に意欲を燃やした。

◆結婚&出産願望は?

結婚については「結婚願望とかは特にはないです。事実婚とかでもかっこいいなと思いました。結婚という約束がないけど一緒にいるって、本当の愛だなと思ったので。今、マイブームなのですが、“事実婚憧れ”があります」と目を輝かせた。

さらに「子どもも好きです。(事実婚で子どもを育てるのも)ちょっと、かっこいいですね」とコメント。「自分にエールを送るようなネタを作って行こうかな」と軽快に語り、笑いを誘った。

◆“キャリアウーマン”ネタは捨てネタだった

今年、キャリアウーマンネタでブレイクしたブルゾン。8月に放送された『24時間テレビ40 告白 ~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)では、当日発表のマラソンランナーに選出され完走するなど大活躍した。

ベストキャラクター賞受賞の喜びを、「ちょうど1年前、10月、11月頃は、年末のネタ番組のオーディションを受けている頃だったので、どういう未来になるのか分からないですがとにかくガムシャラにオーディションに行っていました。寒くなってきた空気感などちょうど1年前のことを思い出す季節になってきました。今、こうやって賞を頂いていることが改めて感慨深く思います」としみじみと噛み締めた。

そして「キャリアウーマンのネタを作ったときも、捨てようと思っていたのです。いいネタができたわけではなく、そのときの満足度はめちゃめちゃ低かったので」といい、「ここに立っている自分は想像できました?」と尋ねられると、「全くです。ひとつもオーディションに受からなかったし…。色々なことがありましたけど、全部が夢なのではといまだに思っています」と心境を言葉にした。

◆流行語大賞ノミネートにコメント

また、「2017年を漢字ひと文字で表すとしたら?」との質問に、ブルゾンは「億」と回答。

「人口は増えつつあるので、35億というフレーズは、今年か来年くらいまでかなと。ちょっと数字が変わると、リズムが変わってきますので。賞味期限があるネタを作ってしまいました」と笑いを誘った。

「35億」(ブルゾンちえみ with B)が今年の流行語大賞にノミネートされていることについては、「選ばれたら本当に嬉しいのですけど。でも、(「35億」は)みんなの数字ですからね。私だけの35億という数字ではないので」と語った。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】