芸能

にゃんこスター、交際のきっかけをテレビ初告白

【にゃんこスター/モデルプレス=10月13日】結成からわずか5ヶ月にして、1日に行われたコント日本一を決める『キングオブコント2017』で準優勝という結果を残し注目を浴びている男女お笑いコンビ・にゃんこスターが13日、日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月曜~金曜あさ8時)に生出演。交際に至ったきっかけをテレビで初告白した。

にゃんこスター・スーパー3助、アンゴラ村長(画像提供:所属事務所)


(写真 : にゃんこスター・スーパー3助、アンゴラ村長(画像提供:所属事務所))

◆にゃんこスター、交際のきっかけを初告白

11日のスポーツ紙のインタビューにて、コンビ結成直前から交際していることを告白していた2人。ネット上でもすでに話題を呼んでいたが、同日付のTwitterでそれぞれほぼ同時刻に交際5ヶ月であることを改めて報告した。

スタジオに登場したにゃんこスターは、ネタを披露。MCでお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜は、「生で(コントを)見られて感激!」と言い、お笑いタレントの加藤浩次も「付き合ってるって分かってから見ると、また違う意味でおもしろい」とコントを絶賛した。

加藤が「本当に付き合っているってことでいいんだよね?」と交際について触れると、にゃんこスターの2人は、声を合わせて「はい!(付き合っているということで)いいです!」と回答。

スーパー3助の顔がタイプだったアンゴラ村長から告白したというが、スーパー3助は「元々(アンゴラ村長と)顔見知りだった。でも最初は年の差があったので…」とアンゴラ村長を恋愛対象として見ていなかったという。しかし、告白されてからアンゴラ村長を意識するようになったようで、「これは儲けものだと思った」とテレビで公表するのは初めてだという交際に至った経緯を明かした。

◆“結成5ヶ月”にゃんこスター

にゃんこスターは、芸歴3年目のアンゴラ村長と、芸歴15年目のスーパー3助により、今年5月に結成されたばかりの男女コンビ。キングオブコント決勝1回戦では、「リズムなわとびの発表会」という異色の設定から、最後にはコンビ名を紹介して締めるという斬新すぎる芸風で審査員・観客を騒然とさせた。

ぶっ飛んだ新星の登場に最高評価がつき首位通過で迎えた2回戦では、また同様の設定の「リズムフラフープの発表会」というネタで追い打ちをかけ、再び会場が騒然。惜しくも優勝には手が届かなかったが、今大会の話題をさらう大きな爪痕を残す結果となった。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】