矢沢永吉、魂の叫び「人生に勝て!」語録

写真はイメージです

 69歳にして現役。最前線を走り続ける男が刻んできた“魂の叫び”は、中高年世代の胸に深く突き刺さる‼

 先頃、日本を代表するアーティスト矢沢永吉(69)の公式HPに、「私設応援団お断りについて」という通告が出された。「ある雑誌に載ったA氏が総会長を務める私設応援団の行動が、矢沢さんの理念である“どなたでも来場しやすいコンサート”の妨害行為と見なされたからです。A氏は公式ファンクラブから強制退会となり、今後はコンサートも出入り禁止となっています」(芸能記者)

 手厳しい措置にも思えるが、古参ファンは当然のペナルティと口をそろえる。「かつて、全国で私設応援団が大量に結成されました。ただ、集団で騒ぐなどの示威行動が問題視され、1990年に“私設応援団を認めない”という警告が、運営側から出されたんです。さらに、特攻服や永ちゃんコールの強要、飲酒入場禁止などのルールも設けられています」(前同)

 その甲斐あって、女性客や若いファンが増えていったが、矢沢のコンサートというと、定番の白スーツやYAZAWA仕様のド派手な車が名物であり、いまだに少々近寄りがたいイメージがあるのも事実だ。矢沢ファンを取材した『1億2000万人の矢沢永吉論』の著者、浅野暁氏はこう語る。「私も最初は、ちょっと怖いイメージを持っていたんですよ(笑)。でも、取材を通して、“本当の矢沢ファンに根っからのワルはいない”と実感しましたね。彼らの多くは、若い頃に矢沢さんの著書『成りあがり』の洗礼を受けています。学歴がなくても、家が貧しくても人生を頑張ってきた人たちで、40年以上も音楽活動を続けてきた永ちゃんの生き様に、自分の人生を重ねているんです。彼らは50代になった今でも、いわゆる“矢沢語録”を人生の指針にしている、真っすぐな人ばかりです」

■ファンが胸に刻み続ける矢沢語録

 50歳を超えた今でも、多くのファンが胸に刻み続けている矢沢語録。以下、その一端を紹介しよう。

〈コンサートは、音を聴くだけのとこじゃない。何か気持ちをもって歌ってる男に、会いに行くものなんだ〉「今回の出禁騒動で、この言葉を思い出したね。永ちゃんは、小さな箱でも全力を出し切ろうとする人。それを観る側も、問われてるんだ。若い頃は徒党を組んで騒ぎたくなるのも仕方ないけど、それじゃ、永ちゃんの魂が響いてこない。やっぱり、本気で聴かないとね」(56・自営業)

〈だれもみんな、そいつそいつで、生きている場所での、主人公なんだ〉〈てめぇの人生なんだから。てめぇで走れ〉

■『アー・ユー・ハッピー?』は人生の教科書

 2004年に出版された著書『アー・ユー・ハッピー?』は、人生の教科書とも言うべきもので、ファンの間では『成りあがり』と同様、“バイブル”になっている。人生に対する矢沢の“攻めの姿勢”は凄まじく、〈人生は自ら切り拓くもの〉〈そんなこと言っているばあいじゃない、勝て、だ〉と、強烈な檄を飛ばす。「年を取れば取るほど、人のせいにしたくなる。会社でウダツが上がらないのは、上司が嫌な奴だからだとか。でも、永ちゃんは違う。あの人は、本当に戦って勝ち続けてきた人だから」(51・食品メーカー勤務)

 かと思えば、がむしゃらに戦うだけではダメだと言うのが、矢沢の懐の深さ。〈人は一瞬のハッピーがあったら、また走れる〉「沁みる言葉だよね。この年になるとさ、毎日同じことの繰り返しでウンザリすることが多い。永ちゃんもライブとレコーディングに明け暮れて、“オレには音楽しかないのか?”って悩んでいた時期があったみたいでさ。でも、08年に活動を1年間休止して、“自分には音楽があった”と思えるようになったと。オレにとって一瞬のハッピーは、永ちゃんのライブに行くことだけどね(笑)」(55・建設業)

 次の言葉も味わい深い。〈人生というのは、失うものを増やしていくゲームなんだ〉「永ちゃんは成功をつかんだように見えるけど、その分、家庭生活が失われたり、部下に裏切られて35億円の借金を背負わされたり、辛酸を舐めてるんです。私も離婚したり、会社が潰れかけたり、いろいろあったけど、つらいときはこの言葉を思い出すようにしています」(59・会社経営)

 何かを失い、元気がなくなる50代こそ、突っ張らなきゃいけないとも言う。「永ちゃんいわく。〈突っ張るってことは倒れないようにしようとすることだから、前に出るしかない〉と。若い頃のイキがりとは違うけど、オジサンと呼ばれる年代こそ、土俵際で突っ張らなきゃいけないと思っています」(54・会社員)

〈年とるってのは細胞が老けることであって、魂が老けることじゃないんだよ〉「年々、体力が衰えて弱気になってる自分がいるけど、69歳で東京ドーム5万人を熱狂させる永ちゃんを見ると、年なんか関係ねえ!って思えるんだよね。私にとって、魂のカンフル剤は間違いなく永ちゃんですよ!」(58・警備員)

 50代にもなると、なかなか人の意見に耳を傾けにくくなるものだが、69歳で今なお現役ロックスターとして活動を続ける“有言実行男”矢沢の言葉なら、素直に心に入ってくるはず。読者諸兄も、矢沢語録をいま一度噛みしめて、“生涯現役”を目指してみてはいかがだろうか。

ジャンルで探す