是枝裕和監督『イッテQ!』で見せた出川哲朗への「神対応」

 6月10日の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、出川哲朗(54)の人気企画「パパラッチ出川」を放送。カンヌで遭遇した是枝裕和監督の優しい対応に、称賛の声が上がっているようだ。

 同企画は、出川が世界の有名映画祭やイベントが開催されている現地に赴き、海外のスターたちに2ショット撮影をお願いするという内容。今回は、カンヌ国際映画祭が開催されるフランスを訪問し、会場付近で撮影の機会を狙った。

 出川は、フランスを代表する女優のヴァネッサ・パラディ(45)や、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』にも出演した俳優のアダム・ドライバー(34)など、ビッグスターを見かけるたびに積極的にアプローチ。

 その後、出川はイギリスの名優ゲイリー・オールドマン(60)や、マイケル・ジャクソンの姉で歌手のラトーヤ・ジャクソン(62)、アメリカの名優ジョン・トラボルタ(64)との2ショット撮影に成功する。

 そしてパパラッチロケの最終日は、カンヌ映画祭の最高賞である「パルム・ドール」の発表日。出川がレッドカーペット付近でチャンスをうかがっていると、映画『万引き家族』がノミネートされていた是枝監督を発見。大声でアピールする出川の存在に気づいた是枝監督は、わざわざ小走りで出川のもとまで駆け寄って、こころよく写真撮影に応じた。

 そんな是枝監督の“神対応”に、視聴者はビックリ。ネットには「出川に気づいて2ショット! 優しいなぁ監督」「受賞直前に撮れるなんて、すごく貴重になったね」「監督良い人すぎでしょ」「わざわざ小走りで来てくれるなんて……」「受賞と同じくらい出川の歓迎もうれしそう」といった、是枝監督の対応を称賛するコメントが相次いでいた。

「是枝監督は、映画『万引き家族』で最高賞のパルム・ドールを受賞しましたが、帰国後の会見で“カンヌでは、演出、役者、スタッフ、すべての調和がとれていたと褒められたことが、何よりうれしかった”とコメントしています。そんな是枝監督だからこそ、出川にもあれだけ優しい対応をしてくれたのかもしれませんね」(芸能誌ライター)――まさに人格者!

ジャンルで探す