『ちむどんどん』黒島結菜、最終週は「これからどうなるんだろうという出来事がある」

現在放送中のNHK 連続テレビ小説『ちむどんどん』が来週に放送される第25週で最終週を迎える。本日、ヒロイン・黒島結菜から、コメントが到着した。






―準備期間も含めると約 1 年間に渡る『ちむどんどん』の撮影が終わり、ついに第 25 週(最終週)の放送直前になりました。今のお気持ちはいかがでしょうか?


振り返ってみると、大変だったこと、楽しかったこと、いろいろなことがあった 1 年間でしたが、あっという間でした。『ちむどんどん』は、食べることの大切さ、命のありがたみ、戦争の記憶など、今、世界中が大変な時期だからこそ忘れてはいけないことがたくさんつまっていた作品だと思います。私の地元・沖縄の家族の話で、みんなでおいしいものを食べると幸せになれる、日々の何気ないものの大切さを私も改めて気づかされました。また、暢子を演じてきて、「ちむどんどんすることが一番大切」と感じました。今の時代、先のことを考えて不安な時もあるけれど、自分が何に一番心がおどるか、何にわくわくするか、何にときめくかを大切にしていきたいです。視聴者のみなさまにもこの気持ちが伝わったらうれしいです。


―撮影を経て、黒島さんご自身に変化はありましたか?

撮影期間中は、暢子の前向きで明るくて、“ありがとう“と“ごめんなさい“を言えて、周りのみんなに愛されている役柄がひっぱってくれました。今までの私自身は人見知りだったのですが、暢子のキャラクターの力を借りて、共演者やスタッフのみなさんとも楽しく過ごすことができました。家族といるとき、友達のいるときなど、過ごすシチュエーションによって違う面が人それぞれあると思うのですが、自分にはこんな一面があるのか、ということをこの1年間で知りました。暢子として過ごしてきた自分のことがとても好きだったので、撮影が終わった今は、さみしいです。


―これまでの放送で印象に残っているシーンやその時の裏話を教えて下さい。

第 90 回の、暢子と和彦の披露宴のシーンです。家族、鶴見やフォンターナの皆さん、これまで暢子と和彦がお世話になってきた人たち全員が大集合しました。大好きな人たちが目の前にいるのがうれしかったです。みんなが客席で楽しそうに話している様子を高砂から見ていて、幸せな気持ちになりました。また、初めて琉装を着ました。衣装合わせで何着か試着したのですが、実際に放送で着ていたピンクと黄色の衣装がとてもきれいでした。撮影現場でみなさんに「きれいだね」「本日はおめでとうございます」と言われて、うれしくて恥ずかしい、不思議な気持ちになりました。



―比嘉家の4兄妹の思い出を教えて下さい。

兄妹のみんなとは、昨年 12 月の沖縄ロケで仲良くなりました。他の撮影現場では共演者のみなさんと自分のことをオープンに話す機会は多くないのですが、『ちむどんどん』では、撮影の合間に仕事のことからプライベートまでたくさん話しました。合間で一緒に過ごした時間のおかげで生まれた 4 人の仲の良さと温かい雰囲気が、第 11 回で、子役から成長した兄妹たちを描くシーンに活きたと思っています。比嘉家の兄妹たちとは、きっとこれからも定期的に集まったりできる関係性が築けたなと思います。



―黒島さんの地元・沖縄への今の思いはいかがでしょうか。

地元の方々が喜んで下さって、私以上に『ちむどんどん』への思いが強い方がたくさんいて、うれしかったです。やんばるを盛り上げるイベントが企画されていたり、地域が盛り上がったりしている様子を見て、ドラマの影響力に驚きました。これからも沖縄の方々が前向きに頑張れる、何か手助けになれればいいなと思っています。


―第 25 週(最終週)にむけて、メッセージをお願いします。

暢子や比嘉家のみんなの人生には、まだまだ山あり谷ありでいろいろなことが起こります。新たなトラブルだったり、改めて思い直さなくてはいけないことがあったり、毎日、これからどうなるんだろうという出来事がある 1 週間ですが、全て楽しんで頂けたらうれしいです。



ジャンルで探す