綾野剛&岡田健史、ラブラブ舞台挨拶「可愛くて仕方ない」

俳優の綾野剛岡田健史が22日、都内で行われた映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』大ヒット御礼舞台挨拶に出席した。



同作は、“どんでん返しの帝王”の異名を取り、数々の傑作を世に送り出す人気作家・中山七里のクライム・サスペンス小説・犬養隼人シリーズ「ドクター・デスの遺産」待望の初映画化作品。警視庁捜査一課NO.1コンビの犬養(綾野)&高千穂(北川景子)と、安楽死を手口にする猟奇的な連続殺人犯“ドクター・デス”との息もつかせぬ攻防戦をスリリングに描き出す。


岡田の登壇に綾野は「めちゃくちゃうれしいですね。会うのも久々ですし」と笑顔。「この前ドラマ一緒にやらせていただいて。でもこの作品で実は一番初めに共演しました。年齢は全然違いますけど、すごく好きなんで、今日はワチャワチャしているところをみなさんに公開するだけの会になってしまいそう」と岡田への愛を語ると、会場から笑い声が漏れた。


これに岡田が「ワチャワチャ、イチャイチャ」と応じると、綾野はニコニコと「カワイイか」と楽しげ。続けて「キャッキャウフフできればと思っております」と挨拶し、さらに「さっき楽屋で健史が出てきてくれて、そのときからずっとニヤニヤしてるんですよ。岡田健史のラブビームが貫いてくるんで(笑)。可愛くて仕方ないですね」と登壇前からの仲良しぶりを明かした。


岡田は「僕は知りたいことを聞ける人が、“ドクター・デス”をやるまでは多くはいなかったので、初日から剛さんに、ウザいなっていうくらいいろんなことを聞きまくって。でも剛さんは、僕が1を聞いたとするとそれを10にも20にも30にも100にもして。『あぁ剛さんもういいです』ってくらい情報量が...(笑)」と現場でのエピソードを披露。綾野は岡田について「(北川)景子ちゃんが表のヒロインだとするなら、完全に裏ヒロインですからね」と笑い、「話せば話すほど、どんどん目が開いていって、頭がパンクしていく姿を見て、僕は快感を得ている。いっぱい詰め込ませて、パンクさせたい。そうするポカンとしてて、その顔がすごい良かったりするんですよ」とSっ気を見せた。


また次回、共演してみたい作品を聞かれた岡田は「徹底的に敵対する役」と回答。綾野が「え〜...」と困惑していると、岡田は「どれだけ僕のこのラブラブが消せるかっていう。僕の役者として付けるべきスキル。どんだけ好きでも『俺は嫌いっす』っていうのを体現できるか」と溢れんばかりの好意を役者として隠すスキルを身につけたい真意を説明し、笑いを誘った。


しかし綾野が「でも朝現場入ってきたとき、『おはようございます』って言われてもガン無視よ?俺」と状況を想像させると、岡田は「あぁちょっとキツイっすね...」と弱気になっていた。


イベントは同作鑑賞後の観客を前に実施されたため、この日は物語の肝である“ドクター・デス”の正体にも迫った。報道陣がいることもあり、具体的な名前は伏せたうえで、“ドクター・デス”役の役者の印象を聞かれた岡田は、ネタバレをしないように注意しつつ回答。

うまく答えた岡田に拍手が巻き起こったが、綾野は報道陣に対し「でも万が一言っちゃってもご協力していただけるんですよね...?」と念押ししたうえで「○○さん」とポロリ。岡田は信じられないというような様子で「めっちゃ言うじゃないですか。僕の頑張りなんだったんですか」と目を丸くしていた。


終盤には、岡田が次回は「徹底的に敵対する役」で共演したいと話したのに対し、綾野はどう思っているのかという質問で大盛りあがり。綾野は「BLは入れておくわ」「腹違いの兄弟とか。胸ぐらつかみあったりとか、ガチガチにケンカしてんじゃねえかみたいなシーンがあってもいい」「ひたすらかわいがる役でもいい」と妄想がとめどなく広がり、ついには「『ラブ』っていうタイトルでなんかやる?」と岡田に質問。「ラブストーリーですね」と答えた岡田に、綾野が「どんなことするの?そのラブストーリーは」と返すと、岡田は「ドライブしたいです」とにっこり。綾野は「カワイイか!じゃあまずドライブできるものやってみようと思います」とご満悦だった。


話は収束したかに思えたが、イベントの終わり際に綾野が改めて「健史とはゾンビものをやろうかと思います」と宣言。岡田が「我々がゾンビですか?」と尋ねると、綾野が「そう。ゾンビにはゾンビの立ち位置ってのがあるから」と答え、岡田は「ゾンビ側を描くってことですね。いつもなんか人側だけど、『俺ら(ゾンビ)も辛いよ』っていう」と話を具体的にした。


そのまま2人の中で幻のゾンビ映画の世界観が定まっていくと、岡田は「来年公開です」と発表(?)。綾野は「なんでだよ」と呆れながらもうれしそうだった。

映画『ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―』は大ヒット公開中!

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

©2020「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―」製作委員会



ジャンルで探す