伊藤万理華「ただただ必死に駆け抜けた」主演映画でフレッシュでキュートな魅力を振りまく

伊藤万理華が主演を務める映画『サマーフィルムにのって』が2021年に公開決定、また、10月31日より始まる東京国際映画祭に特別招待作品として上映されることが決定した。



黒澤明やマキノ雅弘作品など、時代劇を溺愛する女子高生ハダシ。所属する映画部では、彼女の趣味とは真逆のキラキラ青春ラブストーリーの制作ばかり。そんな状況に落胆するハダシの前に、理想とする武士役にぴったりな少年、凛太郎が現れる。彼との出会いに運命を感じたハダシは、親友のビート板とブルーハワイを巻き込み、自分の愛する時代劇の制作に乗り出すことに。個性豊かなスタッフを集め文化祭での上映を目指し、ひと夏の映画作りに熱中するハダシ組。しかし、実は凛太郎はタイムトラベルしてきた未来人だった、というSF青春映画。





主演のハダシ役には、2017年に乃木坂46を卒業し、現在は映画をはじめドラマや舞台など活躍の場を広げ女優として開花しつつある伊藤万理華。本作では、時代劇に夢中になる女子高生監督ハダシを演じ、フレッシュでキュートな魅力を振りまく。未来から来た少年凛太郎役には、『腐女子、うっかりゲイに告る』でNHK初主演を果たし、一躍脚光を浴びた金子大地。ビート板役には、2019年にデビューし、早くもCMやMVの出演で注目を浴びている河合優実。ブルーハワイには、その独特な存在感にブレイク必至な祷キララと、新世代の若手俳優達が瑞々しい演技で魅了する。

監督は、ドラマやCM、MVなど幅広く手掛ける松本壮史。主演の伊藤とは、2018年のTOKYO MXドラマ『ガールはフレンド』以来のタッグとなった。長編映画デビューとなる本作では、かけがえのない青春の一コマを、SF要素を織り交ぜながら描く。また、映画が時代を繋いでいくことの尊さも語られ、監督の映画に対する愛も十分に感じられる仕上がりとなっている。今回脚本を担当したのは、劇団「ロロ」主宰の三浦直之。演劇の枠にとらわれず、歌詞提供やワークショップ講師など幅広く活動しており、松本監督とは数々の映像作品を共に作り上げてきた盟友。伊藤が主演し、松本監督がメガホンをとった『ガールはフレンド』の脚本を手掛け、金子出演の『腐女子、うっかりゲイに告る』でも脚本を担当し、第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞を受賞した。

様々なジャンルの垣根を超えて活躍する気鋭の若手クリエイターの元に、初々しさが眩しい次世代俳優たちが集結。忘れかけていた記憶と、忘れたくない感情を思い起こさせる、新たな青春映画が誕生した。

<主演:伊藤万理華(ハダシ役)コメント>
松本壮史さんと三浦直之さんのタッグは、2年前に短編ドラマでご一緒させていただいて以来です。心がきゅっとなる瞬間、柔らかくて詩的な言葉と空気、印象的で大好きでした。新しく映画をつくると聞いて、ものすごいスケールが大きく感じて始まる前まで緊張していましたが、始まってからは役名の通りハダシで、日々をただただ必死に駆け抜けていました。登場人物全員、本当に愛おしくて離れがたくなるくらいみんな素敵でした。早くスクリーンで会いたいです!映画に対して好きと憧れがあるからこそ、この作品に関われたことは一生の宝物です。

<監督:松本壮史 コメント>
最高にしびれる青春映画を撮りたいとずっと思っていました。脚本の三浦直之(ロロ)と作ったこの物語は、友情も恋愛もSFもアクションも、夏の空気と一緒に全部がギュッと詰まっています。自分にとって最高の長編デビュー作となりました。こんな時代ですが、スクリーンがとても似合う作品になったと思います。主演の伊藤万理華さんをはじめとした、若く魅力溢れる俳優陣の輝きを目撃してください。『サマーフィルムにのって』をよろしくお願いします。

(C)サマーフィルムにのって製作委員会

ジャンルで探す