「こういう女いる!」佐久間由衣“あざとかわいい”モテテクが既視感ありすぎ

イラストレーターで漫画家のあらいぴろよが自身の体験をもとに描いたコミックエッセイを、三木康一郎監督により映画化した『“隠れビッチ”やってました。』が、12月6日より全国公開となる。


映画初主演となる佐久間由衣が“隠れビッチ”な主人公・荒井ひろみを熱演。異性にモテることを趣味&特技として、メイクはナチュラル、戦闘服は露出控えめのワンピース。絶妙なタイミングでのスキンシップや視線テク、会話術を駆使して相手の心を翻弄し、狙った男に「好きです」と告白させたら、即フェイドアウト。恋愛のおいしいところだけを楽しんで、カラダの関係は一切お断り。本作は、そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。出演は、本作が映画初主演となる佐久間由衣に加えて、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來など多彩な顔ぶれが揃った。


このたび解禁となる本編映像は、隠れビッチな最狂ヒロイン・ひろみ(佐久間由衣)が服装・仕草にいたるまで最強モテテクをいかんなく発揮する様子が描かれ、狙い通りの展開に持っていくまでが切り取られている。


ひろみの勝負服は、恋愛で最も好感度の上がる肌の露出面積15~20%を意識しつつ、透け感のある素材で女性の下着を連想させるワンピース。露出は抑えつつも鎖骨チラ見せで裸を連想させるという抜け目のなさがあざとい。さらに、勝負服を身にまとったひろみに見惚れる男(栁俊太郎)に、わざとらしく「どうしたの?」と言ってのける姿がなんとも憎らしい。終盤には、大きな音に驚いたふりをして、身を寄せながら潤んだ瞳の上目使いで見つめる。すると男は、鋭い針に気付かずエサに食らいつく魚のように、ガッと手を握り返してしまう始末・・・。チヤホヤされたいだけのひろみは、狙い通りの展開に「きた・・・!」と喜びを心の中で噛みしめる。


計算し尽くされた、あざとかわいいモテテクニックに「こういう女性いるよね!」と思わず共感してしまうこと必至の映像となっている。


映画『“隠れビッチ”やってました。』は今週12月6日より全国公開。


ジャンルで探す