岡田将生の意外?な出身地に、はなわ驚き「こんなイケメンが…」

本日、都内で「アクサ生命のガン治療保険 新CM発表会」が開催され、CMキャラクターを務める岡田将生、さらに応援ゲストとして、家族のために働く3児の父・はなわが登壇した。


ブランドアンバサダーも3年目に突入した岡田は、働きながらガン治療を応援する「マイ・セラピー応援大使」に就任。タスキ贈呈が行われると「日常生活を送りながら、ガン治療をしていくためのサポート、自分に合った選択ができる保険を知ってもらいたい」と意気込みを語った。


その後、3児の父として、家族のために頑張って働いているはなわが、歌を通して応援するため駆け付けた。シングル曲が『お義父さん』披露されると、「とても感動しました。生で聴けてよかった。ちょっと、くすっと笑える部分もあったり、でも心にグサって刺さって」と感激の様子。


さらに同曲が、絶縁状態だった、はなわの妻と父、親子の再会を作ったきっかけとなった秘話が明かされた。「(妻に)お義父さんが末期ガンという連絡がきて、妻はそれを僕に言わなかったので、全く知らずに(妻へ送ったこの曲を)歌い出したらいきなり泣き出して…。そこで初めて、(妻と)お義父さんに会いに行った」とまるでドラマのようなストーリーに岡田も目を潤ませていた。


しかし、「(お義父さんに)『はなわです』って言っているのに、何回聞いても『はにわくん、はにわくん』といっていた」とのオチには思わず破顔。


また、今年の仕事の満足度について問われると「100%」と岡田。「目標の一つであった、朝ドラ『なつぞら』に出演させてもらうことができたり、舞台もいろいろやらせてもらえたので」と充実の1年を回顧。今後、働きながら挑戦してみたいことは「台本を覚えたり、暗記をしないといけないことが多かったので、今までやっていなかったんですが…この間まで、ずっと海外で撮影していたので、やっぱり、また英語をちゃんと勉強しないといけないな」と語っていた。


一方「47都道府県の歌を制覇したい」とはなわ。岡田の出身が東京と分かると「東京は23区ごとの歌をつくりたい」といい、さらに地元が「江戸川区」と明かされると「こんなイケメンが江戸川にいるんだ!!」と驚いていた。


ジャンルで探す