沢尻エリカ、小栗旬とのキスシーンに不満残る!?「もっとこいよっ!」

女優の沢尻エリカが14日、都内で行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開記念舞台挨拶に小栗旬二階堂ふみ千葉雄大蜷川実花監督と参加した。


小栗と情熱的なキスシーンがある沢尻は「撮影の最初がキスシーンで、小栗さんも慣れていらっしゃるのかな?と思ったら、あまりやったことがないと聞いて。それが意外だった」と驚き顔。しかも予想に反して小栗は消極的だったようで、沢尻は「もう全然こなくて…もっとこいよっ!みたいになった」とぶっちゃけた。


それに小栗は「その初日だけは役者失格だと思った。みんなよくこんなことしているなぁと。あれは本当に反省しています。このままでは本当にダメだと思ったけれど、沢尻エリカのオーラに飲まれました」とキスシーン失格を自覚していた。


不世出の作家・太宰治による名著「人間失格」の誕生秘話を、太宰自身と彼を愛した3人の女たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして初めて映画化。


劇中には、愛した女性に対する太宰の甘すぎるセリフが出てくる。小栗が「“君は僕が好き”とか…なかなかですよ。“僕の命を預けます”も…預けられないよ!と思う」とツッコミ。沢尻も「こんなクサイことを言われたら正直耐えられない!“死ぬ気で恋する”とか…ないなぁ。笑っちゃう」とバッサリ。


二階堂に至っては「“一緒に堕ちよう”だったら使うタイミングはあるかな?」と理解を示したかと思いきや「バンジージャンプとかジェットコースターに乗る時のワードとして使いたい」ともはやネタだった。


一方、千葉は「二階堂さん演じる富栄から『…ダメです』と言われたときに太宰が『え?なんで?』というセリフ。ここがめちゃくちゃ良くて。あれがいいなぁと思う。使う機会はないけれど」とニヤリ。それに小栗は「確かに、あれは結構ナマっぽいよね!」と太宰の色気に共感していた。

ジャンルで探す