役所広司主演「オーバー・エベレスト」日本語吹替に沢城みゆき&宮野真守

日本映画界を代表する名優・役所広司が主演を務め、名監督ジョン・ウーのハリウッドデビューを後押しし、『フェイス/オフ』『M:I‐2』『レッドクリフ』シリーズなど、世界的大ヒット作を多く手掛ける名プロデューサーのテレンス・チャンと初タッグを組んだ、日中合作映画『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(原題『Wings Over Everest』(中国題:氷峰暴))の公開日が、11月15日(金)に決定。


本作は、標高8848M/氷点下83℃という過酷な条件下の世界最高峰・エベレストを舞台に、圧倒的スケールと映像美で贈るスペクタクル・エンターテインメント。今回、待望の日本版本予告映像が解禁され、極寒地帯で極限のアクションシーンを繰り広げる、役所広司の姿が初披露となった。


役所が扮するのは“ヒマラヤの鬼”と呼ばれ、ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」を率いる隊長・ジャン。ある日、エベレストに墜落した飛行機に残された<重要機密文書>の捜索を依頼された彼は、チームの隊員たちと共に墜落現場である“デスゾーン”(危険地帯)へと飛び立つことに。タイムリミットはわずか48時間。決死の覚悟でミッションに挑む彼らだったが、世界最高峰の頂には、相次ぐ異常事態と世界規模の陰謀渦巻く、予想もつかない事態が待ち受けていた―。


公開された本予告映像では、日本語吹替版主題歌を担当するGLAYの書き下ろし新曲『氷の翼』(LSG)の音源が初解禁。本楽曲は、25周年を迎え、今なお日本の音楽シーンをリードし続けるロックバンド・GLAYによる9作目の映画主題歌。印象的なピアノソロで始まるイントロとそこに重なる高音ボイス。サビではエベレストの銀嶺を飛翔し、舞い上がるようなフレーズで高揚感に溢れている。美しいメロディラインとボーカルTERUの力強く透き通る声が画面上に響き渡り、まさに世界最高峰といえる楽曲が作品を彩る中、役所が魅せる極寒地帯でのドラマを彩る確かな演技力はもちろん、これまでのイメージを覆すような極限アクションシーンは必見。圧倒的なスケールの映像と“世界規模の陰謀“”タイムリミット48時間““難攻不落のミッション”というドラマの深さを感じさせるエンターテインメント感満載な内容となっており、一瞬たりとも目を離せない予告編に仕上がっている。


 また、併せて日本語吹替版キャストには、主演の役所広司が自身の吹替を務めるだけでなく、『ルパン3世』の三代目・峰不二子役や『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎役など幅広いキャラクターを演じ分ける実力派声優の沢城みゆき、さらには声優や俳優・アーティストとしても活躍中の宮野真守ら豪華声優陣が決定。


エベレストで遭難した恋人を探し出すためにジャン隊長(役所)率いるヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」に新たに加わるシャオタイズ(チャン・ジンチュー)を沢城が演じ、「チーム・ウィングス」のメンバーで、若く情熱を持ったヘリパイロット・ハン(リン・ボーホン)に宮野が扮する。声優界を代表するビッグネーム2人の参加により本作のスケールはさらに大きく、重厚になること間違いなし。


日本が誇る名優・役所広司をして、「これほどスケールの大きい作品は日本では体験できない」と言わしめた本作。日中合作の豪華キャスト・スタッフ陣、さらには豪華アーティスト&声優の情熱が結集した、規格外のアクション、濃密な人間ドラマ、圧倒的な映像美で描かれる『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』は11月15日(金)より全国公開。続報を期待して待っていよう。


出演:役所広司 チャン・ジンチュー リン・ボーホン

ビクター・ウェブスター ノア・ダンビー グラハム・シールズ ババック・ハーキー プブツニン

声の出演:役所広司、沢城みゆき、宮野真守

神尾佑、山野井仁、俊藤光利、高木渉、細貝光司、沖原一生

監督・脚本:ユー・フェイ プロデューサー:テレンス・チャン


配給:アスミック・エース/©Mirage Ltd.

ジャンルで探す